会計・税務

消費税軽減税率制度の対象となる「飲食料品」とは?

2019年10月1日以降、消費税の軽減税率制度が導入され、軽減税率8%と標準税率10%の複数税率となります。今回は消費税軽減税率制度の対象となる「飲食料品」について解説します。   消費税の軽減税率制度の概要 …

会社設立

会社設立後の消費税の取扱いについて教えてください

会社設時の資本金の額によって、会社設立後の消費税の取扱いが変わってくるということはご存知でしょうか?資本金の額によって、消費税が免税となったり、課税になったりするのです。今回は、会社設立後の消費税について、税理士がポイン…

会計・税務

軽減税率対策補助金を使って消費税軽減税率制度に対応しよう!

2019年10月1日から消費税率の引上げに伴って、消費税の軽減税率制度が導入されます。事業者は、複数税率に対応できるレジの導入やシステム改修が必要となりますが、そのためには費用がかかります。しかし、軽減税率対策補助金を使…

法人・個人税務業務

消費税率引上げに伴う経過措置を知っておこう!

2019年10月1日から、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられます。この消費税率の引上げに伴い一定の経過措置が設けられています。今回は、消費税率引上げに伴う経過措置について税理士がポイントを解説します…

会社設立

会社設立に必要な費用は?安くするには!?

会社を設立するには、資本金以外に設立手続に要する費用がかかります。これは会社の形態や設立方式によって異なります。また、司法書士や行政書士などの専門家に会社設立事務の代行を依頼する場合には別途、専門家への報酬を支払うことと…

会計・税務

消費税の任意の中間申告制度とは?メリット・デメリットは?

消費税の任意の中間申告制度という制度はご存じでしょうか?この制度を利用すると、消費税の中間申告・納付の義務がない場合でも、自主的に中間申告・納付をすることができます。今回は、消費税の任意の中間申告制度について税理士がポイ…

会計・税務

法人税や消費税の中間申告とは?予定申告と仮決算の違いは?

会社設立して2期目以降は、法人税や消費税の中間申告が必要となる場合があります。どのような場合に中間申告が必要となるの?中間申告の期限はいつ?どのようにしたらよい?という疑問に税理士がわかりやすく解説します。  …

法人・個人税務業務

源泉所得税の納期の特例とは?メリット・デメリットは?

会社を設立すると源泉徴収をして源泉所得税を納税しなければなりません。この源泉所得税の納税は原則として毎月しなければならないのでとても煩雑です。しかし、納期の特例の適用を受ければ納税を年二回で済ませることができます。この源…

会社設立

法人税や消費税の納付期限や納付方法は?|会社設立前に知るべきこととは

会社設立すると税金のことは付き物です。税金には期限があり、期限までに申告と納税をしなければいけません。期限を過ぎるとペナルティが課せられる可能性もあります。税金の納付期限や納付方法は必ず知っておきましょう。 法人税、事業…

会計・税務

法定福利費を支払った時の仕訳(会計処理)をわかりやすく解説

事業をしていると社会保険料や労働保険料などの支払がでてきます。これらを支払った時の会計処理を税理士がわかりやすく解説します。   法定福利費とは?法定福利費に計上されるもの 法定福利費とは、会社(個人事業主)が…

会計・税務

キャッシュ・フロー計算書とは?キャッシュ・フロー計算書の見方(読み方)

キャッシュ・フロー計算書とは、一年間の資金(キャッシュ)の動きを営業活動、投資活動、財務活動の3つの要因別に見るもので、会社の決算書の一つです。会社経営にあたって重要な情報を示すものですので、その見方(読み方)を理解して…

会計・税務

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方

2018年分は、配偶者控除・配偶者特別控除の改正が行われました。これに伴って、従来の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「給与所得者の配偶者控除等申告書」に改められています。書き方が少し複雑ですので、しっかりと理解し記…