事務所からのお知らせ

『お役立ち会計事務所 全国100選 2019』に選定されました!

みんなの会計事務所が「お役立ち会計事務所 全国100選 2019」に選定されました!! お客様によりよいサービスを提供できるように、今後とも職員一同、情熱を持って、邁進して参ります。

会計・税務

消費税軽減税率制度の導入で請求書の記載が変わる!

2019年10月より消費税率10%への引上げと併せて、消費税軽減税率制度が導入されます。 この消費税軽減税率制度が導入されると、請求書の記載も変わるということをご存じでしょうか?今回は消費税軽減税率制度導入後の請求書の記…

法人・個人税務業務

新元号「令和」への改元後の申告書、納付書はどうすればよい?

2019年5月1日に改元が行われ、新元号「令和」となります。税務署に提出する各種申告書や届出書・申請書の様式は原則的には元号で表記するものとなっています。では、改元後はどのように記載すればよいのでしょうか?  …

会計・税務

【仕訳解説】他勘定振替高とは?どういうときに使用する勘定科目?

決算書で「他勘定振替高」という勘定科目を見たことはあるでしょうか?商品や材料を本来の用途(販売目的)以外で使用したときなどに使われる勘定科目です。今回は、「他勘定振替高」の使われる場面や使用方法について税理士がポイントを…

会計・税務

消費税軽減税率制度の対象となる「飲食料品」とは?

2019年10月1日以降、消費税の軽減税率制度が導入され、軽減税率8%と標準税率10%の複数税率となります。今回は消費税軽減税率制度の対象となる「飲食料品」について解説します。   消費税の軽減税率制度の概要 …

会計・税務

軽減税率対策補助金を使って消費税軽減税率制度に対応しよう!

2019年10月1日から消費税率の引上げに伴って、消費税の軽減税率制度が導入されます。事業者は、複数税率に対応できるレジの導入やシステム改修が必要となりますが、そのためには費用がかかります。しかし、軽減税率対策補助金を使…

法人・個人税務業務

消費税率引上げに伴う経過措置を知っておこう!

2019年10月1日から、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられます。この消費税率の引上げに伴い一定の経過措置が設けられています。今回は、消費税率引上げに伴う経過措置について税理士がポイントを解説します…

会計・税務

消費税の任意の中間申告制度とは?メリット・デメリットは?

消費税の任意の中間申告制度という制度はご存じでしょうか?この制度を利用すると、消費税の中間申告・納付の義務がない場合でも、自主的に中間申告・納付をすることができます。今回は、消費税の任意の中間申告制度について税理士がポイ…

会計・税務

法人税や消費税の中間申告とは?予定申告と仮決算の違いは?

会社設立して2期目以降は、法人税や消費税の中間申告が必要となる場合があります。どのような場合に中間申告が必要となるの?中間申告の期限はいつ?どのようにしたらよい?という疑問に税理士がわかりやすく解説します。  …

法人・個人税務業務

源泉所得税の納期の特例とは?メリット・デメリットは?

会社を設立すると源泉徴収をして源泉所得税を納税しなければなりません。この源泉所得税の納税は原則として毎月しなければならないのでとても煩雑です。しかし、納期の特例の適用を受ければ納税を年二回で済ませることができます。この源…

会社設立

法人税や消費税の納付期限や納付方法は?|会社設立前に知るべきこととは

会社設立すると税金のことは付き物です。税金には期限があり、期限までに申告と納税をしなければいけません。期限を過ぎるとペナルティが課せられる可能性もあります。税金の納付期限や納付方法は必ず知っておきましょう。 法人税、事業…

会計・税務

法定福利費を支払った時の仕訳(会計処理)をわかりやすく解説

事業をしていると社会保険料や労働保険料などの支払がでてきます。これらを支払った時の会計処理を税理士がわかりやすく解説します。   法定福利費とは?法定福利費に計上されるもの 法定福利費とは、会社(個人事業主)が…

1 / 3712345...102030...最後 »