会計・税務

キャッシュ・フロー計算書とは?キャッシュ・フロー計算書の見方(読み方)

キャッシュ・フロー計算書とは、一年間の資金(キャッシュ)の動きを営業活動、投資活動、財務活動の3つの要因別に見るもので、会社の決算書の一つです。会社経営にあたって重要な情報を示すものですので、その見方(読み方)を理解して…

会計・税務

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方

2018年分は、配偶者控除・配偶者特別控除の改正が行われました。これに伴って、従来の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「給与所得者の配偶者控除等申告書」に改められています。書き方が少し複雑ですので、しっかりと理解し記…

会計・税務

2018年(平成30年)分の年末調整の注意点

今年も年末調整をしなければならない時期となりました。今年は制度や様式に大きな見直しがありますので、しっかりと理解し、正確に手続きを進めるようにしましょう。   ・年末調整とは? 「年末調整」とは、会社や個人事業…

会計・税務

【法人税等の節税テクニック】減価償却のルールを理解して節税を図ろう!

事業をしていくと、車や備品、機械などが必要となります。これらは購入したときにお金が出ていきますが、すべてがその時の経費(損金)になる訳ではありません。減価償却というルールに従って、複数年で分割して経費に計上することとなり…

会計・税務

【法人税等の節税テクニック】出張手当(出張日当)を支払うと節税になる!?

出張手当を支給すると節税になる、ということは聞いたことはありますか?今回は、出張手当を利用した節税について、税理士がポイントを解説します。   出張手当(出張日当)を支払うと節税になる 出張がある会社であれば、…

会計・税務

年末調整とは?対象となる人・必要書類は?

毎年12月になると、会社や個人事業主といった源泉徴収義務者は年末調整の手続きを行う必要があります。この年末調整とはどのような手続きなのでしょうか?税理士がポイントを解説します。 年末調整とは? 会社など給与の支払者は、毎…

会計・税務

【法人税等の節税テクニック】短期前払費用の特例とは!?

発生主義会計のもとで、経費は支払ったときではなく、役務提供等を受けたときに費用計上されます。しかし、一定の要件を満たすものについては特例(短期前払費用の特例)が設けられており、支払ったときに費用計上(損金算入)することが…

会計・税務

【法人税等の節税テクニック】接待交際費の法人税法上のルールを理解しよう!

事業をしていると取引先と食事に行ったり、お中元・お歳暮などを送ったりということは付き物です。これらにかかった費用は交際費となりますが、法人税法上、交際費には一定のルールが設けられています。このルールを理解してしなければ、…

会計・税務

印紙税が課税される契約書とは?その注意点

契約書には印紙税の課税文書となるものと、そうでないものがあります。今回は印紙税が課税される契約書や注意点について、税理士がポイントを解説します。   1.印紙税が課税される契約書とは? 一定の契約書には、印紙税…

会計・税務

源泉所得税の不納付加算税とは?免除されるときとは?

源泉所得税を期限までに納めなかったときは不納付加算税がかかることがあります。不納付加算税は1日でも遅れるとかかってくる可能性があるため、注意しましょう。   源泉所得税の不納付加算税とは? 源泉所得税を正当な理…

会計・税務

償却資産税とはどんな税金?申告は必要?

会社や個人事業主の方が一定の償却資産(固定資産)を所有していると償却資産税がかかります。この償却資産税とはどんな税金なのでしょうか?申告は必要なのでしょうか?税理士がポイントを解説します。   償却資産税とは?…

会計・税務

受取配当等の益金不算入制度とは?なぜ益金不算入になるの?

受取配当等は収益に計上するものですが、法人税の計算では、一定割合を益金不算入とすることができます。今回は受取配当等の益金不算入制度について税理士がポイントを解説します。   受取配当等の益金不算入制度とは?なぜ…

1 / 812345...最後 »