不服申立てや税務訴訟のハードルは高い

会計・税務

不服申立てや税務訴訟のハードルは高い

国税庁は平成22年度における不服申立て及び訴訟の概要を公表しました。 [国税庁]平成22年度における不服申立て及び訴訟の概要国税についての納税者の救済制度には、処分庁に対する異議申立て及び国税不服審判所長に対する審査請求…

平成22年度の査察の状況

会計・税務

平成22年度の査察の状況

国税庁は、全国の国税局が平成22年度に行った強制調査(査察)の状況を取りまとめ、公表しました。 主なポイントは次のとおりです。1.査察の処理・告発の状況・平成22年度中に処理(検察庁への告発の可否を最終的に判断)した件数…

復興構想会議、基幹三税増税を提言

会計・税務

復興構想会議、基幹三税増税を提言

東日本大震災の復興策を検討する政府の復興構想会議の提言で、「復興財源を所得税、消費税、法人税の3税を中心に増税して賄うべき」との方向性が示されることになるようです。 (日本経済新聞2011年6月12日朝刊より) 素案は、…

プロ向け市場「TOKYO AIM」に第一号上場申請

会計・税務

プロ向け市場「TOKYO AIM」に第一号上場申請

2009年に設立されたプロ向け証券取引市場「TOKYO AIM」にようやく第一号の上場申請が行われました。上場申請したのは医薬品開発を行うメビオファーム株式会社。 [TOKYO AIM]メビオファーム株式会社のTOKYO…

H23年度税制改正 増税も減税も先送りで決着!?

会計・税務

H23年度税制改正 増税も減税も先送りで決着!?

平成23年度税制改正の大きな目玉とされていた法人税引下げ・所得税や贈与税の増税は見送られることとなったようです。 (asahi.com 2011年6月9日9時43分配信記事より) 民主党と自民、公明両党は8日、2011年…

【震災関連】印紙税の軽減措置に関する取扱い

会計・税務

【震災関連】印紙税の軽減措置に関する取扱い

震災特例法において印紙税の軽減措置が講じられ、次の印紙税については非課税となります。 (1)特別貸付けに係る消費貸借に関する契約書の印紙税(2)被災者が作成する不動産の譲渡に関する契約書等の印紙税 この度、国税庁より、当…

平成22年分所得税、消費税、贈与税の申告状況

会計・税務

平成22年分所得税、消費税、贈与税の申告状況

国税庁は、平成22年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告の状況及び確定申告に係る各種施策の実施状況を取りまとめ、公表しました。 1.所得税の申告状況・確定申告書の提出人員は2,315万人で、2年連続減少しています。・確…

増税で復興の財源を確保!?

会計・税務

増税で復興の財源を確保!?

復興構想会議で東日本大震災の復興策が議論されていますが、その財源を確保するための増税が検討されています。 (日本経済新聞 2011年5月22日朝刊より) 東日本大震災の復興策を検討する政府の復興構想会議(議長・五百旗頭真…

平成21年度会社標本調査が発表されました

会計・税務

平成21年度会社標本調査が発表されました

国税庁は、平成21年度会社標本調査を発表しました。この調査は、日本の法人企業について、資本金階級別や業種別にその実態を明らかにし、併せて租税収入の見積り、税制改正及び税務行政の運営等の基礎資料とすることを目的として、昭和…

【震災関連】義援金等に関する税務上の取扱いについて

会計・税務

【震災関連】義援金等に関する税務上の取扱いについて

国税庁ホームページの「東日本大震災に係る義援金等に関する税務上の取扱いについて」が更新されました。 [国税庁]東日本大震災に係る義援金等に関する税務上の取扱いについて ●個人が義援金等を支出した場合個人の方が義援金等を支…

【震災関連】震災損失の繰戻し還付を受ける場合等の申告書の記載例

会計・税務

【震災関連】震災損失の繰戻し還付を受ける場合等の申告書の記載例

 国税庁は、東日本大震災により震災損失を受けた場合の①震災損失の繰戻しによる法人税額の還付②仮決算の中間申告による所得税額の還付の適用を受ける場合の、申告書、請求書、明細書等の記載例を公表しました。 [国税庁]…

ふるさと納税で震災復興

会計・税務

ふるさと納税で震災復興

ふるさと納税を使って被災地域に寄付する人が増加しているというニュース。   (日本経済新聞 2011年5月16日夕刊より) 居住地以外の自治体に寄付をする「ふるさと納税」の利用件数が増加している。東日本大震災で…

8 / 8« 先頭...45678