国税庁「適用額明細書の記載の手引」

会計・税務

国税庁「適用額明細書の記載の手引」

平成22年度税制改正において、「租税特別措置の適用状況の透明化等に関する法律(租特透明化法)」が制定されました。 これにより、平成23年4月1日以後終了する事業年度において法人税関係の租税特別措置を適用する場合には、「適…

e-Tax利用の理由は「税務署に行く必要がないから」

会計・税務

e-Tax利用の理由は「税務署に行く必要がないから」

国税庁は、国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケートの実施結果を公表しました。 [国税庁]国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケートの実施結果について(PDF)全58,028件…

H23/6/30以後終了事業年度におけるe-Tax利用上の注意

会計・税務

H23/6/30以後終了事業年度におけるe-Tax利用上の注意

国税庁は、平成23年6月30日に法人税法施行規則が改正されたことに伴い、平成23年6月30日以後に終了する事業年度に使用する法人税申告書別表の一部について、現在、改訂作業を進めていますが、平成23年6月30日以後に終了す…

雇用促進税制が創設されました

会計・税務

雇用促進税制が創設されました

平成23年度の「税制改正法」が6月30日に公布・施行されました。この中で、雇用促進するため、雇用増に取り組む企業の税負担を軽減する次のような「雇用促進税制」が創設・拡充されています。 1.従業員を1年間で10%以上かつ5…

平成22年度の租税滞納状況

会計・税務

平成22年度の租税滞納状況

国税庁は、平成22年度租税滞納状況をとりまとめ、公表しました。 [国税庁]平成22年度租税滞納状況について平成22年度は、期限内納付に関する広報の充実や納期限前後の納付指導の実施など、滞納の未然防止に努めた結果、新規発生…

大阪商工会議所 税制改正に関する要望

会計・税務

大阪商工会議所 税制改正に関する要望

大阪商工会議所は、「平成24年度税制改正に関する要望」を首相、政府関係当局、与党幹部などへ建議しました。 [大阪商工会議所]平成24年度税制改正に関する要望(PDF) 最優先すべきは、「早期の震災復興と国内産業の空洞化防…

大阪商工会議所 H24年度税制改正要望を提出

会計・税務

大阪商工会議所 H24年度税制改正要望を提出

大阪商工会議所は、「平成24年度税制改正に関する要望」を首相、政府関係当局、与党幹部などへ建議しました。 [大阪商工会議所]平成24年度税制改正に関する要望(PDF) 最優先すべきは、「早期の震災復興と国内産業の空洞化防…

年金問題 特別還付金請求書等作成システムを公開

会計・税務

年金問題 特別還付金請求書等作成システムを公開

国税庁は、平成12年から平成17年の間に相続等に係る生命保険契約等に基づく年金を受給していた方で納めすぎとなった所得税に相当する特別還付金を請求する際の、特別還付金請求書及び計算明細書の作成システムを公開しました。 [国…

たばこではなくて第3のビール!?

会計・税務

たばこではなくて第3のビール!?

先日、たばこ税が再び増税されるという記事を紹介しましたが、たばこは止めて第3のビールの増税が検討されているようです。 (産経新聞 7月13日7時56分配信記事より) 東日本大震災の復興財源として、政府が酒税の増税や地球温…

たばこ税が再び増税される?

会計・税務

たばこ税が再び増税される?

東日本大震災の復興のための財源として、2010年10月に大幅増税されたばかりのたばこ税を再び増税することが検討されているようです。 (読売新聞 7月7日7時36分配信記事より) 政府が、東日本大震災からの復興策の財源とし…

社会保障・税番号制度の大綱案まとまる

会計・税務

社会保障・税番号制度の大綱案まとまる

所得等の情報を正確に把握し、それらの情報を社会保障や税の分野で効果的に活用すること等を目的として社会保障・税の共通番号制度の導入が検討されています。28日、府の社会保障・税の番号制度に関する実務検討会は、番号制度の大綱案…

平成23年度税制改正の分離法案が成立

会計・税務

平成23年度税制改正の分離法案が成立

平成23年度税制改正法案から(1)期限切れ租税特別措置の延長、(2)政策税制の拡充、(3)納税者利便の向上、(4)課税の適正化のための改正項目を分離した「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所…