会計・税務

確定申告を間違えたときはどうすればいいですか?

誤った内容で確定申告書を税務署に提出してしまった後に、誤りに気付いたときはどのようにすればよいのでしょうか?税理士がポイントを解説します。   確定申告期限前かどうかで修正方法が異なる 確定申告の期限前であれば…

会計・税務

平成25年税制改正大綱が公表されました

  1月24日、自民党税制調査会は平成25年度税制改正大綱を公表しました。 今年度は「成長による富の創出」と「社会保障・税一体改革の着実な実施」の観点から、 所要の税制措置が講じられています。 今回は主な改正事…

会計・税務

更正の請求期間が延長されました!

申告書を提出した後で、所得金額や税額などを実際より多く申告していたことに気付いたときには、「更正の請求」という手続により訂正を求めることができます。この「更正の請求」について、平成23年度税制改正で、次のような改正が行わ…

民主党の税制改正要望の状況

会計・税務

民主党の税制改正要望の状況

今朝のの日本経済新聞に民主党の税制改正要望の状況が取り上げられていたのでご紹介します。 民主党の税制改正要望の状況 ■2012年度に要望 ・住宅向け税制 住宅購入の資金援助を受けた際の贈与税の非課税措置を延長、非課税額も…

e-Tax利用の理由は「税務署に行く必要がないから」

会計・税務

e-Tax利用の理由は「税務署に行く必要がないから」

国税庁は、国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケートの実施結果を公表しました。 [国税庁]国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケートの実施結果について(PDF) 全58,028…

雇用促進税制が創設されました

会計・税務

雇用促進税制が創設されました

平成23年度の「税制改正法」が6月30日に公布・施行されました。 この中で、雇用促進するため、雇用増に取り組む企業の税負担を軽減する次のような「雇用促進税制」が創設・拡充されています。 1.従業員を1年間で10%以上かつ…

平成22年度の租税滞納状況

会計・税務

平成22年度の租税滞納状況

国税庁は、平成22年度租税滞納状況をとりまとめ、公表しました。 平成22年度は、期限内納付に関する広報の充実や納期限前後の納付指導の実施など、滞納の未然防止に努めた結果、新規発生滞納額は前年度より642億円(8.6%)減…

大阪商工会議所 税制改正に関する要望

会計・税務

大阪商工会議所 税制改正に関する要望

大阪商工会議所は、「平成24年度税制改正に関する要望」を首相、政府関係当局、与党幹部などへ建議しました。 [大阪商工会議所]平成24年度税制改正に関する要望(PDF) 最優先すべきは、「早期の震災復興と国内産業の空洞化防…

【震災関連】印紙税の軽減措置に関する取扱い

会計・税務

【震災関連】印紙税の軽減措置に関する取扱い

震災特例法において印紙税の軽減措置が講じられ、次の印紙税については非課税となります。 (1)特別貸付けに係る消費貸借に関する契約書の印紙税(2)被災者が作成する不動産の譲渡に関する契約書等の印紙税 この度、国税庁より、当…

7 / 7« 先頭...34567