会計・税務

国外財産調書制度とは?提出義務がある人は?

適正な課税・徴収の確保を図る観点から、国外財産を有する者がその保有する国外財産について申告する仕組み(国外財産調書制度)が創設されました。 その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を…

会計・税務

スキャナ保存要件がさらに緩和されました

  これまで、国税関係書類の読み取りを行うスキャナについては、「原稿台と一体型に限る」という要件がありましたが、この要件が廃止されました。 2.領収書等の受領者等が読み取る場合の要件を整備 領収書や請求書等につ…

会計・税務

間違って源泉所得税を納め過ぎたとき・過少納付だったとき

給与計算をしていると間違って源泉所得税を税務署に納め過ぎたり、不足したりすることがあります。そのようなときはどのように対応すればよいのでしょうか?税理士がポイントを解説します。   間違って源泉所得税を納め過ぎ…

会計・税務

マイナンバー 法人番号の通知・公表開始スケジュール

  国税庁は、いわゆるマイナンバー制度で利用される法人番号の「通知・公表」開始スケジュールを公表しました。 法人番号は、1法人に1つ法人番号が指定され、登記上の本店・主たる事務所の所在地に「法人番号指定通知書」…

会計・税務

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が導入されます

  社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現することを目的として、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が導入されます。 平成27年10月から個人番号・法人番号が…

会計・税務

確定申告を間違えたときはどうすればいいですか?

誤った内容で確定申告書を税務署に提出してしまった後に、誤りに気付いたときはどのようにすればよいのでしょうか?税理士がポイントを解説します。   確定申告期限前かどうかで修正方法が異なる 確定申告の期限前であれば…

会計・税務

平成25年税制改正大綱が公表されました

  1月24日、自民党税制調査会は平成25年度税制改正大綱を公表しました。 今年度は「成長による富の創出」と「社会保障・税一体改革の着実な実施」の観点から、 所要の税制措置が講じられています。 今回は主な改正事…

社会保障・税の番号制度、57%は「必要」

会計・税務

社会保障・税の番号制度、57%は「必要」

内閣府の調査によると、社会保障・税の共通番号制度について、過半数は「必要」と考えているようです。 (日本経済新聞 2012年1月29日朝刊より)内閣府は28日、「社会保障・税の番号制度に関する世論調査」の結果を公表した。…

ギリシャの脱税額トップは会計士、懲役504年

会計・税務

ギリシャの脱税額トップは会計士、懲役504年

ギリシャの脱税額トップは会計士で懲役なんと504年というニュース。 (読売新聞 1月25日1時34分配信記事より) ギリシャ政府は、財政危機を招いた原因となった脱税の横行に歯止めをかけようと、15万ユーロ(約1500万円…

会計・税務

平成24年度税制改正による増税見込額

財務省は、平成24年度の税制改正による増減収見込額を公表しました。 [財務省]平成24年度の税制改正(内国税関係)による増減収見込額(PDF) これによると初年度で177億円、平年度で3030億円の増税になると見込んでい…

会計・税務

海外の不動産投資事業を巡り納税者が勝訴

海外の不動産投資事業を巡り追徴課税を受けた事例で、納税者側が勝訴する判決がでました。 (読売新聞 12月15日16時51分配信記事より) 海外の不動産投資事業を巡り、事業で生じた損失を個人の所得から差し引いて申告していた…

会計・税務

復興に向けた税制上の対応(第2弾)

4月に成立した震災特例法により被災者への税制上の支援策が講じられましたが、震災特例法を一部改正する法律が平成23年12月7日に可決・成立し、14日に公布・施行されたことにより、追加の措置が講じられました。 各税目の主な項…