会計・税務

【仕訳解説】外貨建取引を行ったときの会計処理

輸出や輸入など外貨建てで取引を行うときもあるでしょう。そのような場合でも、会社の帳簿は円で作成しますので、外貨を円に換算しなくてはなりません。その換算の方法にもルールがあるのです。今回は外貨建取引を行ったときの会計処理に…

会計・税務

消費税軽減税率制度の導入で請求書の記載が変わる!

2019年10月より消費税率10%への引上げと併せて、消費税軽減税率制度が導入されます。 この消費税軽減税率制度が導入されると、請求書の記載も変わるということをご存じでしょうか?今回は消費税軽減税率制度導入後の請求書の記…

会計・税務

【仕訳解説】他勘定振替高とは?どういうときに使用する勘定科目?

決算書で「他勘定振替高」という勘定科目を見たことはあるでしょうか?商品や材料を本来の用途(販売目的)以外で使用したときなどに使われる勘定科目です。今回は、「他勘定振替高」の使われる場面や使用方法について税理士がポイントを…

会計・税務

消費税軽減税率制度の対象となる「飲食料品」とは?

2019年10月1日以降、消費税の軽減税率制度が導入され、軽減税率8%と標準税率10%の複数税率となります。今回は消費税軽減税率制度の対象となる「飲食料品」について解説します。   消費税の軽減税率制度の概要 …

会計・税務

軽減税率対策補助金を使って消費税軽減税率制度に対応しよう!

2019年10月1日から消費税率の引上げに伴って、消費税の軽減税率制度が導入されます。事業者は、複数税率に対応できるレジの導入やシステム改修が必要となりますが、そのためには費用がかかります。しかし、軽減税率対策補助金を使…

会計・税務

消費税の任意の中間申告制度とは?メリット・デメリットは?

消費税の任意の中間申告制度という制度はご存じでしょうか?この制度を利用すると、消費税の中間申告・納付の義務がない場合でも、自主的に中間申告・納付をすることができます。今回は、消費税の任意の中間申告制度について税理士がポイ…

会計・税務

法人税や消費税の中間申告とは?予定申告と仮決算の違いは?

会社設立して2期目以降は、法人税や消費税の中間申告が必要となる場合があります。どのような場合に中間申告が必要となるの?中間申告の期限はいつ?どのようにしたらよい?という疑問に税理士がわかりやすく解説します。  …

会計・税務

法定福利費を支払った時の仕訳(会計処理)をわかりやすく解説

事業をしていると社会保険料や労働保険料などの支払がでてきます。これらを支払った時の会計処理を税理士がわかりやすく解説します。   法定福利費とは?法定福利費に計上されるもの 法定福利費とは、会社(個人事業主)が…

会計・税務

キャッシュ・フロー計算書とは?キャッシュ・フロー計算書の見方(読み方)

キャッシュ・フロー計算書とは、一年間の資金(キャッシュ)の動きを営業活動、投資活動、財務活動の3つの要因別に見るもので、会社の決算書の一つです。会社経営にあたって重要な情報を示すものですので、その見方(読み方)を理解して…

会計・税務

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方

2018年分は、配偶者控除・配偶者特別控除の改正が行われました。これに伴って、従来の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「給与所得者の配偶者控除等申告書」に改められています。書き方が少し複雑ですので、しっかりと理解し記…

会計・税務

2018年(平成30年)分の年末調整の注意点

今年も年末調整をしなければならない時期となりました。今年は制度や様式に大きな見直しがありますので、しっかりと理解し、正確に手続きを進めるようにしましょう。   ・年末調整とは? 「年末調整」とは、会社や個人事業…

会計・税務

【法人税等の節税テクニック】減価償却のルールを理解して節税を図ろう!

事業をしていくと、車や備品、機械などが必要となります。これらは購入したときにお金が出ていきますが、すべてがその時の経費(損金)になる訳ではありません。減価償却というルールに従って、複数年で分割して経費に計上することとなり…