大阪府「休業要請支援金」の申請受付を開始

この度の新型コロナウイルス感染症の拡大によりご事業・生活に影響を受けられている皆様に心よりお見舞い申し上げます。今回は、大阪府が申請受付を開始した休業要請支援金について解説します。   (大阪府)休業要請支援金...

この記事は約4分で読み終わります。

この度の新型コロナウイルス感染症の拡大によりご事業・生活に影響を受けられている皆様に心よりお見舞い申し上げます。今回は、大阪府が申請受付を開始した休業要請支援金について解説します。

 

(大阪府)休業要請支援金とは?

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態措置により、大阪府から施設の使用制限による休業の協力要請等を受け、売上が減少している府内の中小企業・個人事業主に対して、法人は100万円、個人事業主は50万円が支給されるものです。

ただし、中小企業の場合は、本社が大阪府内にあることが要件とされているため、休業要請を受けた事業所が大阪府内にあっても、本社が大阪府外にある場合は、支給対象とはなりません。

なお、大阪府以外でも同様の支援金を支給する地方自治体がありますので、大阪府以外の方は事業所のある地方自治体のホームページなどで支援金の有無を確認してください。

 

 

休業要請支援金の支給要件は?

(大阪府)休業要請支援金は、次のすべての要件を満たす場合に、支給を受けることができます。

 

(休業要請支援金の支給要件)

(1)2020年3月31日以前に開業していること

(2)大阪府内に主たる事業所があること
  中小企業の場合は、本社が大阪府内にあること。
  個人事業主の場合は、事業所が大阪府内にあること

(3)大阪府の休業要請を受けて、2020年4月21日から5月6日までのすべての期間、全面的に休業していること(飲食店は営業時間を午前5時から午後8時までの間へと短縮する等の協力をしていること)

(4)2020年4月の売上が2019年4月より50%以上減少していること※

※2019年4月2日以降に開業している場合は、2019年4月と売上を比較することができません。この場合は、開業した時期によって定められた期間の売上(または平均売上)と比較し、50%以上減少している場合は要件を満たすこととなります。

 

 

休業要請支援金の支給を受けるための手続きは?

2020年4月27日から2020年5月31日までの間に、次の方法により申請を行います。

なお、先着順ではなく、期限内に申請をした方は、要件を満たしていれば支給を受けることができます。

 

(申請の流れ)

1.休業要請支援金ホームページで受付登録をします。

2.休業要請支援金申請書、申請要件確認書、誓約書のダウンロードします。

3.申請書類を郵送します。(必ず「レターパックライト」で使用)

 

(申請に必要となる書類)

1 休業要請支援金申請書
2 休業要請支援金申請要件確認書
3 誓約書
4 添付資料
  ①直近の確定申告書の写し、2019年4月の売上を示す書類
  ②休業要請を受けた施設の写真(外観・内観・看板表示の3点)
  ③代表者の本人確認書類(運転免許証(表・裏の両方)など)の写し
  ④営業許認可証の写し(許認可が必要な事業の場合)
  ⑤賃貸借契約の写し(賃貸の場合)
5 試算表や売上台帳など2020年4月の売上を示す書類
6 振込先口座の通帳の1ページ目の見開きのコピー

 

募集要項の詳細は、大阪府の休業要請支援金のホームページをご覧ください。

 

まとめ

大阪府の休業要請支援金について解説しました。大阪府以外でも同様の支援制度を設けている地方自治体もありますので、ホームページなどで確認するようにしてください。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援制度に関しては、毎日のように新しい情報が公表されています。苦境に陥っている事業者の皆様は支援制度をフルに活用して、生き残らなければなりません。ご自身でも最新情報をキャッチアップするように努めましょう。当事務所においても、今後もみなさまに役立つ情報を迅速にお届けして参ります。