法人・個人税務業務

国内事業者が国境を越えた役務提供を受けたときの消費税

国内事業者が国境を越えた役務提供を受けたときの消費税 消費税法の改正により、国境を越えて行われるデジタルコンテンツの配信等の役務の適用に係る消費税の課税関係の見直しが行われました。 電子書籍・音楽・広告の配信などの電気通…

所得税 公社債等を譲渡したときの取扱いの改正

法人・個人税務業務

所得税 公社債等を譲渡したときの取扱いの改正

  平成28年1月1日以後、上場株式、公募株式等証券投資信託の受益権等に加え、特定公社債、公募公社債投資信託の受益権等も「上場株式等」とされ、その利子、配当、収益の分配や譲渡などによる所得が申告分離課税(20%…

法人・個人税務業務

受取配当金の益金不算入制度の改正

平成27年度税制改正で受取配当金の益金不算入制度はどう変わった? 平成27年度 税制改正により、受取配当等の益金不算入制度について、主に次の改正が行われました。 1.益金不算入の対象となる株式等の区分及び益金不算入割合の…

スキャナ保存要件が緩和されました

法人・個人税務業務

スキャナ保存要件が緩和されました

  スキャナ保存とは、電子帳簿保存法において規定されている国税関係書類の保存方法のひとつで、領収書、請求書、見積書等の国税関係書類について、一定の要件の下、スキャナによる保存を認めるものです。 平成27年度の税…

国外転出時課税制度(出国税)が創設されました

法人・個人税務業務

国外転出時課税制度(出国税)が創設されました

  平成27年度税制改正において、「国外転出をする場合の譲渡所得等の特例」(以下「国外転出時課税」)が創設されました。 1.国外転出時課税の概要 平成27年7月1日以後に国外転出をする一定の居住者が1億円以上の…

「財産債務調書」の提出制度が創設されました

法人・個人税務業務

「財産債務調書」の提出制度が創設されました

これまで、確定申告書を提出しなければならない人で、その年の所得の合計額が2千万円を越える人は、「財産及び債務の明細書」を提出する必要がありました。平成27年度税制改正において、従来の「財産及び債務の明細書」が見直しされ、…

地方法人税が創設されました

法人・個人税務業務

地方法人税が創設されました

地域間の税源の偏在性を是正するため、法人住民税(地方税)の税率が引き下げられ、その引下げられた部分に相当する地方法人税(国税)が創設され、国から地方へ配分されることとなりました。平成 26 年 10 月1日以後に開始する…

小規模企業共済を利用して節税しよう!

法人・個人税務業務

小規模企業共済を利用して節税しよう!

小規模企業共済制度とは、国の機関でもある中小機構が個人事業をやめたとき、会社の役員を退職したときなどの生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。一定の個人事業者や会社の役員などが入ることができます。 毎月1…

駐車場を賃貸借するときの契約書は印紙税の課税文書ですか?

法人・個人税務業務

駐車場を賃貸借するときの契約書は印紙税の課税文書ですか?

  駐車場の賃貸借契約書の場合は、その内容が土地の賃貸借であるのか、あるいは駐車場という施設を賃貸借するものであるのかによって、印紙税の取扱いが異なってきます。 ①駐車する場所としての土地を賃貸借する場合の契約…

法人・個人税務業務

国外財産調書制度って何ですか?

  適正な課税・徴収の確保を図る観点から、国外財産を有する者がその保有する国外財産について申告する仕組み(国外財産調書制度)が創設されました。 その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超…

白色申告でも記帳が必要になるのですか?

法人・個人税務業務

白色申告でも記帳が必要になるのですか?

【質問】所得税の白色申告をしています。平成26年から白色申告でも記帳が必要になると聞いたのですが、本当でしょうか?【回答】 はい、そのとおりです。 青色申告者については、一定の要件を備えた帳簿書類を備え付け、記…

法人・個人税務業務

NISA(ニーサ)って何ですか?

現在、上場株式等の配当や売却益に対する税金は、 軽減税率が適用され10%(所得税7%、住民税3%)となっていますが、 2014年1月から本則である20%(所得税15%、住民税5%)に変更されます。 この軽減税率に変わる個…

2 / 3123