相続財産が分割されていないときの申告はどうしたらいいですか?

相続税関連業務

相続財産が分割されていないときの申告はどうしたらいいですか?

【質問】相続税の申告と納税は、相続の日の翌日から10ヶ月以内にしなければならないと聞きましたが、相続財産の分割がまとまっていません。このようなときはどうすればいでしょうか。 【回答】 遺産分割がまとまっていない…

夫婦間で自宅を贈与したときの特例について教えてください。

相続税関連業務

夫婦間で自宅を贈与したときの特例について教えてください。

  【質問】 夫婦間で自宅を贈与したときに贈与税がかからない特例があると聞いたことあります。この特例について教えてください。 【回答】 婚姻期間が20年以上の夫婦間で、自宅又は自宅を購入するための金銭の贈与が行…

白色申告でも記帳が必要になるのですか?

法人・個人税務業務

白色申告でも記帳が必要になるのですか?

【質問】所得税の白色申告をしています。平成26年から白色申告でも記帳が必要になると聞いたのですが、本当でしょうか?【回答】 はい、そのとおりです。 青色申告者については、一定の要件を備えた帳簿書類を備え付け、記…

確定申告を間違えたときはどうすればいいですか?

法人・個人税務業務

確定申告を間違えたときはどうすればいいですか?

  確定申告の期限後に、申告した内容の間違いがあったときは、次の方法で訂正します。 ①納める税金が多かったときなど 誤りの内容を記載した「更正の請求書」を税務署長に提出します。税務署ではその内容の検討をして、納…

法人・個人税務業務

NISA(ニーサ)って何ですか?

現在、上場株式等の配当や売却益に対する税金は、 軽減税率が適用され10%(所得税7%、住民税3%)となっていますが、 2014年1月から本則である20%(所得税15%、住民税5%)に変更されます。 この軽減税率に変わる個…

事務所からのお知らせ

事務所報「TAX NEWSLETTER」8月号ができました!

事務所報「TAX NEWS LETTER」8月号ができました! 今号では、当事務所の幹部の紹介と「経費削減に取り組む!」というテーマで特集を組んでいます。 当事務所のお客様以外にも無料で配布しておりますので、ご希望される…

相続税関連業務

親の土地に家を建てたときに税金はかかりますか?

  土地の貸し借りが行われる場合に、借り手は地主に対して地代を支払います。権利金の支払が一般的となっている地域においては、地代のほか権利金などの一時金を借地権設定の対価として支払うのが通例です。しかし、親の土地…

【お知らせ】経営革新等支援機関として認定されました

事務所からのお知らせ

【お知らせ】経営革新等支援機関として認定されました

税理士法人みんなの会計事務所の代表松本は、近畿財務局より経営革新等支援機関として認定されました。 認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の者を、経営革新等支援機関として認…

【お知らせ】税理士法人化、名称変更のご案内

事務所からのお知らせ

【お知らせ】税理士法人化、名称変更のご案内

平成25年7月、北浜総合会計事務所を法人組織化し、名称を「税理士法人みんなの会計事務所」に変更いたしました。 従来の体制のまま、法人化を図り、所在地・スタッフなどに変わりはありません。 新名称の「みんな」は既存のお客様、…

【お知らせ】起業家イベント「スタートアップエンジン2013」開催

事務所からのお知らせ

【お知らせ】起業家イベント「スタートアップエンジン2013」開催

【起業家イベント開催のお知らせ】今年も「起業家の集まる場の創造」を目的とした「スタートアップエンジン2013」を開催することになりました!(今年から北浜総合会計事務所も協力させて頂いております!)今年は、 ●元クックパッ…

若者チャレンジ奨励金が創設されました

経営

若者チャレンジ奨励金が創設されました

『若者チャレンジ奨励金』という助成金制度が創設されました。 これは35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓…

相続税関連業務

教育資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度が創設されました

教育資金の贈与を受けた場合の贈与税の特例とは? 高齢者等の保有する豊富な金融資産の若年世代への移転を促し、子どもの教育資金の早期確保を図るため、両親や祖父母等(直系尊属)から30歳未満の子・孫(直系卑属)に教育資金を一括…

Page 20 of 34« First...10...1819202122...30...Last »