知人への設立祝いについて|会社設立前に知るべきこととは

株式会社を設立した知人へのお祝いで実用性と縁起の良い掛け時計 株式会社設立をした知人へお祝いを贈りたいと考えています。知人は雑貨店を法人化しましたので、主な従業員は私も存じ上げている家族とパート数名となります。その点を踏...

この記事は約2分で読み終わります。

株式会社を設立した知人へのお祝いで実用性と縁起の良い掛け時計

株式会社設立をした知人へお祝いを贈りたいと考えています。知人は雑貨店を法人化しましたので、主な従業員は私も存じ上げている家族とパート数名となります。その点を踏まえて最適なお祝いの品があれば、アドバイス頂きたいと思っています。

知人の方が株式会社設立をされたと言う事例で、しかも、従業員であるご家族も顔馴染みだと言うことですので、お祝いには記念に残る品を選ぶと喜ばれるでしょう。

雑貨店と言う職種ですので、時間を意識して動くことが多いでしょう。事務所に飾れる掛け時計はいかがでしょうか。

従業員だけではなく、来店されたお客様でも時間を確認しやすいこともありますので、実用向きです。

また、せっかく会社設立されたのですから末永い営業を目指せるように、一緒に時を刻んでもらえると言う縁起の良さも含めて掛け時計がお祝いに適していると提案させて頂きます。

会社設立と祝いに関わるあれこれ

会社設立の知らせが届いた場合、まず連絡を頂いた方が気にすべきこととしては、お祝いをどうするかということでしょう。場合によっては会社設立のお祝い会が開かれることもありますから、マナーとしてお祝いのメッセージを伝えたり、品物を贈る手配をする必要がでてきます。

一般的に会社設立のお祝いとして使用されるものの一つに胡蝶蘭の鉢植えがあります。豪華で長い間美しい花をみせてくれる胡蝶蘭は応接室や玄関にあると大変華やかで人気の贈答品です。

胡蝶蘭に限りませんが贈答品を贈る場合には、かならず会社設立を祝う内容のメッセージをつけるようにしましょう。難しく考えることはなく、「会社設立おめでとうございます。御社の限りないご発展をお祈りいたします。」といったような会社を設立したことに対するお祝いの言葉と、これからの発展を祈る言葉で良いのです。

尚、お祝いを頂いた方は当然のマナーとして、お礼状を発送するなどして感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます