納税証明について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立した場合の納税証明書の種類が多くわかりにくいので教えて欲しい   会社設立した場合の税務署の納税証明書の種類がいくつもあるので、それぞれの書類が何を証明しているのかわかりません。発行に必要なものや、どの...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立した場合の納税証明書の種類が多くわかりにくいので教えて欲しい

 

会社設立した場合の税務署の納税証明書の種類がいくつもあるので、それぞれの書類が何を証明しているのかわかりません。発行に必要なものや、どの程度の費用が必要になるかを前もって知っておきたいと思っています。

 

会社設立した場合に必要な納税証明書は納税額や所得金額、または未納の税額が無いことを証明するもので、特定の税に関する滞納が無いことを証明するのは法人向けの証明書で、このほかには納付税額等の証明と所得金額の証明、滞納処分を受けたことが無いことの証明などの納税証明書があります。

 

費用は1通400円で会社設立時に登録した代表者印と運転免許証が必要になります。この他にも都道府県税事務所において法人事業税と法人住民税の証明書が必要になります。

 

会社設立したばかりでは納税証明書が発行されません

 

 

会社設立を考える人が増えています。企業勤めをするのではなく、会社設立を行って、自分の力で道を切り開こうとするわけです。会社設立には、さまざまな書類を準備する必要がありますが、きちんと勉強すれば、一般の人でも手続きを進めることができます。
会社設立をした後、何らかの理由で納税証明書が必要になることがあります。納税証明書というのは、納税したことを証明するものなので、会社設立をした直後では発行されません。そのため、納税証明書の代わりとなる書類を用意することになります。納税証明書というのは、第1期の決算が終了するまでは取得することができないものなのです。
納税証明書の代わりになる書類としては、税務署に提出した法人設立届出書の控えをコピーしたものを利用することができます。法人設立届出書は重要な書類なので、必ず控えを保管しておかなければなりません。これをコピーして、納税証明書が必要とされる際に提出します。

会社設立を考える人が増えています。企業勤めをするのではなく、会社設立を行って、自分の力で道を切り開こうとするわけです。会社設立には、さまざまな書類を準備する必要がありますが、きちんと勉強すれば、一般の人でも手続きを進めることができます。

 

会社設立をした後、何らかの理由で納税証明書が必要になることがあります。納税証明書というのは、納税したことを証明するものなので、会社設立をした直後では発行されません。そのため、納税証明書の代わりとなる書類を用意することになります。納税証明書というのは、第1期の決算が終了するまでは取得することができないものなのです。

 

納税証明書の代わりになる書類としては、税務署に提出した法人設立届出書の控えをコピーしたものを利用することができます。法人設立届出書は重要な書類なので、必ず控えを保管しておかなければなりません。これをコピーして、納税証明書が必要とされる際に提出します。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます