案内文について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立の案内文の必要性について 会社設立の案内文を送る必要があるのかどうかで悩んでいます。私の場合はメールなどで済ませてしまおうと思っているのですが、起業をした友人などは起業時に挨拶状を送ってくる人がほとんどでメールで...

この記事は約2分で読み終わります。

会社設立の案内文の必要性について

会社設立の案内文を送る必要があるのかどうかで悩んでいます。私の場合はメールなどで済ませてしまおうと思っているのですが、起業をした友人などは起業時に挨拶状を送ってくる人がほとんどでメールで送ってくる人はいないので、気になっています。

起業を成功させるためには人脈が必要となるので、会社設立の案内文は一人ひとり丁寧に送る必要があります。起業前にお世話になった先輩や以前一緒に仕事をしていた仲間、後輩などに会社設立の案内文を送ることで、自分の近況を知らせます。

送り方としては送り先ごとに文章を作成するのが良いとされていて、しっかりと自分の現状をPRすることによって、起業後の人脈が広がる可能性があります。

書き方のポイントとしては挨拶と感謝の気持ちを最初に書いて、その後の文章に会社設立に至った経緯と今後の抱負などを書きます。

会社設立の際にあいさつ状として出される案内文

会社設立の際には、あいさつ状としてそれまで親交のあった取引先などに案内文を出すのが一般的です。会社設立にいたるまでには個々に様々な経緯があります。

例えば親会社からの独立や個人営業からの独立によるもの、定年まで勤め上げた専門職を活かして退職後に新規会社を設立するなど様々です。案内文にはまず時候のあいさつから入り、次に今までにお世話になったことへのお礼をつづり、更に会社設立にいたった経緯の簡単な説明文を入れます。

親会社からの独立やそれまで行っていた営業内容と同等の職種の場合には業務内容について省略してもかまいませんが、以前の職種と異なる事業を始める場合には新しい業務内容についても軽く触れると親切です。

最後にこれからの取引に対するお願い文を入れ挨拶でしめます。案内文の発送は設立が具体的に決定して登記を行った段階で早めに行うのが望ましいでしょう。資金に余裕があれば案内文の作成を会社設立のサポートを行うプロの業者や、会計事務所などに依頼することもできます。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます