印鑑登録について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立を行う時の印鑑登録について 会社設立時には、会社を登記する時には印鑑でもある実印を使うと言います。 また、会社設立を行う時には早めに印鑑の作成をしておくと良いと聞きますが、どのような種類の印鑑を用意しておけば良い...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立を行う時の印鑑登録について

会社設立時には、会社を登記する時には印鑑でもある実印を使うと言います。

また、会社設立を行う時には早めに印鑑の作成をしておくと良いと聞きますが、どのような種類の印鑑を用意しておけば良いのでしょうか?また、印鑑登録のタイミングと言うのはどのようになるのでしょうか?

会社設立で必要とされる印鑑と言うのは、会社の実印でもある代表印です。代表印は登記申請の書類に押印するもので、投棄所に届け出るものです。これは会社設立後に印鑑証明書の交付を受けると、実印の印影と言うものが証明書に記載されると言う特徴があります。尚、代表印には代表取締役の氏名などを入れる事もありますが、代表者が変わった時など作り直すことになるため、会社によっては氏名が入っていないものもあります。銀行印や角印などの印鑑を合わせて用意しておけば良いでしょう。
また、印鑑登録後は印鑑証明書を交付して貰う事で実印の効力を得ます。
印鑑登録された実印は重要な印鑑であるため、取り扱いには注意が必要です。

会社設立で必要とされる印鑑と言うのは、会社の実印でもある代表印です。代表印は登記申請の書類に押印するもので、投棄所に届け出るものです。これは会社設立後に印鑑証明書の交付を受けると、実印の印影が証明書に記載されると言う特徴があります。

尚、代表印には代表取締役の氏名などを入れる事もありますが、代表者が変わった時など作り直すことになるため、会社によっては氏名が入っていないものもあります。銀行印や角印などの印鑑を合わせて用意しておけば良いでしょう。

また、印鑑登録後は印鑑証明書を交付して貰う事で実印の効力を得ます。印鑑登録された実印は重要な印鑑であるため、取り扱いには注意が必要です。

会社設立の際の印鑑登録をする際には

会社設立をするのなら印鑑登録が必要となります。何故なら会社では書類にサインをするという場面が幾度となくあり、その際には会社の実印を用いなければならないからです。

印鑑登録は個人の場合には町の役所に行ってそこで登録をしますが、会社という法人の場合には法務局へ行って登録をしなければなりません。この際の会社設立時の印鑑登録のタイミングはその登記の申請をする時であり、その申請書と一緒に印鑑届書を提出します。

印鑑届書には会社設立の際の情報、ようするに設立される会社の商号から住所、そして代表者、ようするに社長の名前といった必要事項を記入します。そして記入したら代表者の実印を記します。この際にはしっかりとキレイに印をしましょう。

というのもコンピューターで読み取りをするので不十分だと読み取りできず印鑑登録がされずにやり直しになる可能性があるからです。印影がしっかりと写っていないと、法務局で差戻になる可能性もあるので、印鑑届出書を複数枚用意しておくのも一つです。

何より折角の会社設立です。その際に実印がおかしいと今後の雲行きも怪しくなってしまうので、ここで始まりとしてしっかりと印をしましょう。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます