会社設立後に定款変更するときの手続き

会社設立後に定款変更するときの手続き

【質問】会社設立時の定款は公証人の認証を受ける必要がありますが、会社設立後に定款変更する際も公証人の認証は必要ですか? 【回答】 通常は公証人の認証は必要ありません。 会社設立時に作る定款(原始定款ともいいます)は公証人...

この記事は約1分で読み終わります。

【質問】会社設立時の定款は公証人の認証を受ける必要がありますが、会社設立後に定款変更する際も公証人の認証は必要ですか?

【回答】 通常は公証人の認証は必要ありません。

会社設立時に作る定款(原始定款ともいいます)は公証人の認証を受けることが義務づけられています。公証人の認証を受けて初めて定款はその効力を持つこととなります。
会社設立後に定款の内容を変更する際は、株主総会でその内容を決議すればよく、通常は公証人の認証を受ける必要はありません。 

会社設立手数料1.5万円~大阪で会社設立するなら「みんなの会社設立」