会社の銀行口座について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立の際の銀行口座の開設の時期について   会社設立の際の銀行口座の開設について質問があります。これから会社を設立する予定ですが、銀行口座の開設は会社設立前と設立後、どちらのタイミングで行えばよいのでしょう...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立の際の銀行口座の開設の時期について

 

会社設立の際の銀行口座の開設について質問があります。これから会社を設立する予定ですが、銀行口座の開設は会社設立前と設立後、どちらのタイミングで行えばよいのでしょうか。また、開設するにあたって必要な書類はありますか。

 

会社設立の際の銀行口座の開設は、会社設立登記が完了した後でなければ行うことができません。

 

詳細は、開設したい銀行のホームページにも案内が記載されておりますが、開設するにあたって銀行に会社の登記簿謄本(現在事項全部証明書)および会社の印鑑証明書を提出する必要があり、これらの書類を取得できるのは設立登記が完了した後だからです。

 

銀行口座を開設する際は、審査があります。個人が銀行口座を開設するときのように即日開設という訳にはいきません。金融機関によっても違いますが、数日から数週間かかることもあります。

営業を開始する時期が決まっているのであれば、銀行口座開設にかかる期間も踏まえて、会社設立日を決めるとよいでしょう。

 

 

定款を公証人に認証してもらった後、登記を申請する前に資本金を銀行口座に入金する必要がありますが、入金先は発起人個人名義の口座であり、設立登記完了後に会社名義の口座に資本金を移す必要があります。

 

会社設立をしたら、源泉徴収を理解する

 

会社設立をして、事業を営んでいこうとする人が増えています。企業に就職するのではなく、自分の力で将来を切り開くことには大きな意味があります。

 

会社設立を果たした後、従業員を雇うことになった場合、源泉徴収などの手続きを行うことになるので、しっかりと理解しなければなりません。会社設立を行うこと自体は、昔と比べて容易になっています。したがって、誰でも目指すことが可能なのです。

 

しっかりと源泉徴収の知識を身につけ、従業員を雇って経営を進めていくようにします。有能な従業員を雇うためには、経営者が有能でなければなりません。安易に会社設立をしても、源泉徴収などの準備を整えることができず、スムーズな経営を行うことは難しくなります。

 

事前に、十分な勉強をして、必要な知識は身につけておかなければなりません。給与の源泉徴収というのは、雇用される人にとって極めて重要なものなので、会社設立をする前にマスターするべき知識なのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます