納税について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立をした場合の納税の方法について教えてください   会社設立をした場合に、自分で会計をして納税までしてしまいたいのですが、法人税などを税理士に頼らずに自分で計算して支払うことが可能なのかどうかを知りたいと...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立をした場合の納税の方法について教えてください

 

会社設立をした場合に、自分で会計をして納税までしてしまいたいのですが、法人税などを税理士に頼らずに自分で計算して支払うことが可能なのかどうかを知りたいと思っています。また事業が赤字の場合には税金は還付されるのでしょうか?

 

会社設立をした場合は決算日から2ヶ月以内に税金の申告と納税を必ずしなければなりません。期限に遅れると加算税や延滞税の対象となります。

市販の会計ソフトを使って申告をするという方法もありますが、会社の場合は複雑な法人税等の申告書も作成しなければならないので、いろいろと知識を身につけなければ完璧な申告をして納税することは非常に難しいです。

 

会社設立をしたにもかかわらず税理士に頼らずに税務申告をする場合は、間違いのない正確な税務申告をするようにしましょう。間違った税務申告をしていたことが、税務調査でわかった場合には延滞税や加算税といったペナルティが課されることがあります。また会社が赤字である場合でも法人住民税の7万円は支払わなければなりません。

 

会社設立をすると節税になることがある

 

 

近年では多種多様なサービスがあり、それぞれに多彩な職業が存在します。
また最近では個人で仕事をされる方が増えており、青色申告により確定申告をされる方が多いです。
仕事ではなく趣味として株やアフィリエイトをされている方も一定の利益を出してしまえば、確定申告をしなければいけません。
その場合利益が膨大であれば納税額もそれだけ膨大になってしまうものです。
そんな時に会社設立をおこなっていれば納税額を格段に減らす事が可能になります。
会社設立をおこない、それらの莫大な利益を会社の利益とする事で納税額を激減する事ができるのです。
個人の所得である場合と会社の所得である場合には納税額が異なるのです。
特に経費などが落ちにくい株やアフィリエイトの場合は節税効果がなかなか期待できません。
節税を本気で考えている場合は会社を設立しておきましょう。
会社設立の最大のメリットは節税です。
有名人の多くの方が会社設立をおこない、節税をおこなっているのです。

近年では多種多様なサービスがあり、それぞれに多彩な職業が存在します。また最近では個人で仕事をされる方が増えており、青色申告により確定申告をされる方が多いです。

 

仕事ではなく趣味として株やアフィリエイトをされている方も一定の利益を出してしまえば、確定申告をしなければいけません。その場合利益が膨大であれば納税額もそれだけ膨大になってしまうものです。

 

そんな時に会社設立をおこなっていれば納税額を格段に減らす事が可能になります。会社設立をおこない、それらの莫大な利益を会社の利益とする事で納税額を激減する事ができるのです。個人の所得である場合と会社の所得である場合には納税額が異なるのです。

 

特に経費などが落ちにくい株やアフィリエイトの場合は節税効果がなかなか期待できません。節税を本気で考えている場合は会社を設立しておきましょう。

 

会社設立の大きなメリットの一つは節税となることです。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます