在留資格について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立のための在留資格について   外国人が会社設立する場合の質問です。外国人が日本国内で会社を興して事業を行う場合、どのような在留資格が必要になるのでしょうか。また会社設立や経営のための取得するためにはどの...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立のための在留資格について

 

外国人が会社設立する場合の質問です。外国人が日本国内で会社を興して事業を行う場合、どのような在留資格が必要になるのでしょうか。また会社設立や経営のための取得するためにはどのようなハードルがあるのでしょうか。

 

外国人が日本国内において会社設立や事業経営を行うために必要な在留資格は「投資・経営」という種類の在留資格が必要になります。会社設立をする場合は日本に対して相当額の投資を行い、それを継続することが在留資格の継続に必要とされています。

 

そのため会社設立も維持も外国人にとっては高いハードルとなります。具体的な水準は担当省庁のウェブサイトに掲載されていますので会社設立を希望する場合には事前によく確認しておく必要があります。

 

会社設立は税金のことも考えて税理士へ

 

事業を行っていると様々な税金がかかります。法人と個人事業主では課税基準が異なり、個人事業主のほうが無駄な税金を納めていることがあります。それは個人事業主は最高で税率が50%までの累進課税だからです。

 

個人事業主から会社設立して法人化されますと最高でも税率が30%までの一定税率です。事業が軌道に乗って利益が一定以上上げられるようになったら、納める税金を節約するためにも会社設立すると良いです。税理士では会社設立代行サービスを行っているので何かと忙しい経営者様は専門家にお任せすると良いです。

 

税理士は税金に関するスペシャリストなので会社設立後の難解になった税務のことはもちろん、節税対策も資金繰りの相談にも乗ってくれます。経営者にもなるとなかなか相談できる相手が身近に居ないものですが、税理士が身近なパートナーになってくれます。

 

会社設立代行サービスと顧問税理士をまとめて契約することで設立費用がかなりお得になるのも魅力です。会社設立後のわずらわしい税務届出も代わりに行ってくれます。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます