労働保険に関する届出について|会社設立前に知るべきこととは

会社を設立する際は、社会保険のことも考えないといけない   会社設立をしようと考えているのですが、さまざまな書類を用意することが必要になるため、準備が大変です。たとえば、労働保険に関する届出について、質問があり...

この記事は約3分で読み終わります。

会社を設立する際は、社会保険のことも考えないといけない

 

会社設立をしようと考えているのですが、さまざまな書類を用意することが必要になるため、準備が大変です。たとえば、労働保険に関する届出について、質問があります。どのように手続きをしていけばよいのでしょうか。

 

会社設立をする場合は、事前にしっかりと準備を整えておかなければなりません。特に、仕事をしながら手続きを進めていこうとしている人は、時間に余裕が無いため、効率よく行動するように努力する必要があります。
たとえば、会社設立時には、労働保険をはじめとした届出をしなければなりません。労働保険の届出には、専門的な知識が必要となるため、素人が安易に行動することは慎む必要があります。労働保険に詳しい専門家に相談すると、手続きがスムーズになります。

会社設立をする場合は、事前にしっかりと準備を整えておかなければなりません。特に、仕事をしながら手続きを進めていこうとしている人は、時間に余裕が無いため、効率よく行動するように努力する必要があります。

 

たとえば、会社設立後には、労働保険をはじめとした届出をしなければなりません。労働保険の届出には、専門的な知識が必要となるため、素人が安易に行動することは慎む必要があります。社会保険労務士といった労働保険に詳しい専門家に相談すると、手続きがスムーズになります。

みんなの会計事務所では、社会保険労務士とのネットワークがありますので、ご相談いただければワンストップで対応することができます。

 

会社設立後の労働保険の届出について

 

会社設立時には様々な届け出を行政機関に届出なければいけません。法人登記は法務局に、何かしらの業務を行う場合はその関係する部署に届出ないと業務自体ができなかったりします。介護保険の事業者などがその代表的な例になります。

 

会社設立後に従業員を雇用する場合には、労働保険に加入する必要があります。労働保険は労働基準監督署に届出ることになりますが、もし書類等不安であれば、社会保険労務士が代行申請することもできますから、相談しても良いでしょう。

 

労働保険の届出は重要です。もし適正に労働保険を届出ていない場合は、労働基準監督署による指導や監査がある場合があります。会社設立時に正しく申告していないことで行政処分を受ける場合もあります。会社設立後早ければ1年後ぐらいには指導に入っている事例を新聞やニュースで報道されていることもあります。

 

あまり知られていませんが、労働基準監督署は労働関係に限り関係法令たとえば労働安全衛生法になりますが、悪質な違法者に対して逮捕することができますので、軽視せずに適正に届け出るようにすることが大切です。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます