「税理士」の英語訳に関する方針

「税理士」の英語訳に関する方針

日本税理士会連合会は、「税理士」の英語訳に関して次のような方針を決定しました。 1.「税理士」の英語訳は、現行のCertified Public Tax Accountantとする。 2.使用場面により、「税理士」のロー...

この記事は約2分で読み終わります。

日本税理士会連合会は、「税理士」の英語訳に関して次のような方針を決定しました。

1.「税理士」の英語訳は、現行のCertified Public Tax Accountantとする。
2.使用場面により、「税理士」のローマ字表記「ZEIRISHI」を使用することとする。その場合、必要に応じて英語訳Certified Public Tax Accountantを併記することとする。

『公認会計士(Certified Public Accountant)や弁護士(Lawyer, Attorney at law,ほか)など、世界に普遍的に存在している職業と異なり、他国に例をみない日本独自の税務専門家を包括的に表す適切な英語訳を見出すことは極めて困難です。今日では、税理士は税理士法2条に規定された税理士業務だけではなく、会計参与、地方自治体の外部監査人、登録政治資金監査人など、その専門的知見を活用して様々な業務を担うようになり、その独自性は強まる傾向にあります。そこで、使用する場面に応じて適宜「ZEIRISHI」を用い、長年使用してきた現行の英語訳を説明として併記することにより、我が国独自の税理士制度を積極的にアピールすることといたしました。』ということなんだそうですが・・・

「ZEIRISHI」が適合する場面っていったいどういう場面なんでしょうか・・・

大阪で税理士をお探しなら北浜総合会計事務所(大阪市中央区)