会社設立後に必要な届出(社会保険関係)

会社設立後に必要な届出(社会保険関係)

会社は必ず厚生年金・健康保険に加入しなければなりません。そのため、会社設立後には、税金関係の届出の他に、社会保険に加入するための手続が必要です。また、従業員を雇用した場合は、労働保険に加入することが必要です。 会社設立後...

この記事は約2分で読み終わります。

会社は必ず厚生年金・健康保険に加入しなければなりません。そのため、会社設立後には、税金関係の届出の他に、社会保険に加入するための手続が必要です。また、従業員を雇用した場合は、労働保険に加入することが必要です。

会社設立後の社会保険関係で必要な届出のうち、主なものは次のとおりです。

1.社会保険事務所
●社会保険に加入するとき
・健康保険・厚生年金保険新規適用届(会社設立から5日以内)
・健康保険・厚生年金新規適用事業所現況書
(登記簿謄本、定款の写し、労働者名簿などが必要です。最寄りの社会保険事務所にご確認ください。)

2.労働基準監督署
●労災保険に加入するとき
・保険関係成立届(従業員を採用した日から10日以内)
・概算保険料申告書
(登記簿謄本、定款の写し、従業員名簿、出勤簿などが必要です。最寄りの労働基準監督署にご確認ください。)
●常時10人以上の労働者を使用するとき
・就業規則

3.ハローワーク
●雇用保険に加入するとき
・雇用保険適用事業所設置届(従業員を採用した日から10日以内)
・雇用保険被保険者資格取得届
・保険関係成立届(労働基準監督署の受付印のあるもの)
(登記簿謄本、定款の写し、従業員名簿、出勤簿などが必要です。最寄りの労働基準監督署にご確認ください。)

大阪で会社設立の無料相談を行っています!北浜総合会計事務所