貸借対照表について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立に提出が必要な貸借対照表   会社設立の際に必要な書類に貸借対照表というものがあります。会計については外部に委託しようと考えていますがまだ決まっていないので自分自身で作成する予定です。その内訳について何...

この記事は約4分で読み終わります。

会社設立に提出が必要な貸借対照表

 

会社設立の際に必要な書類に貸借対照表というものがあります。会計については外部に委託しようと考えていますがまだ決まっていないので自分自身で作成する予定です。その内訳について何を含めばよいのかアドバイス願います。

 

会社設立において求められる書類の一つである貸借対照表というのは税務署対策であると予め知っておきたいところです。会社設立にかかった費用は、特に分類する必要がなく、全てにおいて貸借対照表に含まれるとなっています。

 

そのため、会社を設立するためにかかった費用については貸借対照表に計上する必要があります。自分で作成するとのことですが、全て計上すれば良いのでそれほど難しいことではないので難なく出来るでしょう。

 

会社設立後の会社運営と貸借対照表について

 

会社設立と言うのは、会社の憲法ともいう定款を作成し、公証人役場で認証を得て、資本金を払い込み、そして法務局で登記を行う事で会社設立と言う事は完了になります。
勿論、これらの流れの中には書類の作成や様々な手続きと言うものが在りますの、会社設立が簡単に出来るという事ではありません。
しかしながら、株式会社設立と言うのは、あくまでも会社を登記する事であり、会社の運営と言う事は、設立後に待ち構えているわけです。
会社を正常に運営していくためには、資金と言うものが必要になります。
これは運転資金とも呼ばれているものです。
会社は資金を集める方法の一つとして銀行からの融資という事が有ります。
また、会社には資産と言うものが在るわけですが、この二つを表にしたものを貸借対照表と言います。
貸借対照表は、資産と言うものと総資本と言う2つに分けられており、資産と言うのは、現金や貯金などの流動資産、機械やトチ、建物などの固定資産というものになります。
また、総資産と言うのは短期借入金や長期借入金などであり、この二つを表に表しているのが貸借対照表になるのです。
貸借対照表は一見すると解り難いものですが資産と総資産に分けて考えると明確になると言う特徴が有ります。

会社設立と言うのは、会社の憲法ともいう定款を作成し、公証人役場で認証を得て、資本金を払い込み、そして法務局で登記を行う事で会社設立と言う事は完了になります。勿論、これらの流れの中には書類の作成や様々な手続きと言うものが在りますの、会社設立が簡単に出来るという事ではありません。

 

しかしながら、株式会社設立と言うのは、あくまでも会社を登記する事であり、会社の運営と言う事は、設立後に待ち構えているわけです。会社を正常に運営していくためには、資金と言うものが必要になります。これは運転資金とも呼ばれているものです。

 

会社は資金を集める方法の一つとして銀行からの融資(負債)があります。また、会社には事業を行う上で必要な資産があります。

これらの資産や負債の状況をわかるように表にしたものを貸借対照表と言います。貸借対照表は、資産、負債、純資産の3つの区分に分かれています。

資産には、現金や貯金などの流動資産、機械や、建物・土地などの固定資産があります。

 

負債には、買掛金や未払金、短期借入金や長期借入金などがあります。そして、純資産には資本金や利益剰余金などがあります、この3つを表に表しているのが貸借対照表です。

貸借対照表は一見すると解り難いものですが資産、負債、純資産に分けて考えると財政状態が明確になると言う特徴が有ります。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます