取締役の人数について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立を行う場合の取締役の人数とは?   株式会社設立する時には、取締役の人数は最低でも3名、監査役を1名必要とすると聞きます。しかし、この人数が集められない場合は会社設立を行う事が出来ないのでしょうか?また...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立を行う場合の取締役の人数とは?

 

株式会社設立する時には、取締役の人数は最低でも3名、監査役を1名必要とすると聞きます。しかし、この人数が集められない場合は会社設立を行う事が出来ないのでしょうか?また、取締役は多い方が良いのでしょうか?

 

株式会社設立において、取締役の人数が最低でも3名、監査役が1名必要であると言うのは、従来の会社法の中での決め事です。会社法は、平成18年5月1日に新会社法として施行されました。新会社法が施行されたことにより、取締役の人数は自由化が行われ、1名からでも会社設立を可能にしているのです。

また、会社設立を行う場合の取締役の人数は多ければ良いと言うものではありません。適任者を選び出し、必要な人を選任する事が大切なのです。

 

会社設立を行う際に必要とされる取締役の人数について

 

株式会社など会社設立をする場合では、以前は取締役について一定の基準が設けられていました。その内容では人数が3名が必要とされていて、その他には監査役と呼ばれる人員も必ず必要でした。

 

そのため、合計4名以上で会社設立を行うことを基本としていましたが、現在では新会社法が施行されたことによって、代表者が1名で設立することが可能とされています。

 

かつての時代では、人数を揃えるために有志を募ったり家族として親や配偶者、兄弟などを取締役に設定することも一般的でしたが、現在では規制緩和されたことによって、身軽に会社設立を行うことができます。

 

その一方で、取締役会を設置することを希望している場合では、現法であっても取締役に3名以上の人数を必要としているために、注意が必要になります。以前よりは比較的起業しやすい環境になっており、会社設立を行うルールというものが簡素化されています。

 

その結果として従業員として仕事をする方を募集できる機会も増えており、雇用促進に繋がる傾向にあります。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます