会社の名前について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にあたりその名前の付け方の注意点は?   会社設立にあたって名前をつけなければなりませんが、留意すべき点や注意点はどんなものでしょう。電話帳などで会社名を見ていると、自由度が高いように思えるのですが、基...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立にあたりその名前の付け方の注意点は?

 

会社設立にあたって名前をつけなければなりませんが、留意すべき点や注意点はどんなものでしょう。電話帳などで会社名を見ていると、自由度が高いように思えるのですが、基本的なルールなどがあるのでしょうか。決めてしまってから変えなければならなくなると、それだけ時間が無駄になるので、予め知っていきたいのです。

 

会社設立には、商号(会社名)が必要です。これには基本的なルールがあり、使用できる文字が決まっています。漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット、アラビア数字、サンパサンド、アポストロフィー、ハイフン、コンマ、ピリオド、中点は使用可能です。

 

スペースはアルファベットもしくはローマ字の単語を複数並べるときには、使用することが出来ます。かならず名前の前か後ろに会社の種類(株式会社、合同会社など)を入れなければなりません。また法律によって使用してはならない文字があります。

銀行業でもないのに「〇〇銀行」と付けるのは、法律に反します。類似商号規制や不正競争防止法なども、会社設立の際には知っておくことが必要です。

 

会社設立時に必要な名前となる商号

 

会社設立時に大切なものには会社の名前となる商号を決めなければいけません。会社の名前となる商号は会社設立時に登記として使うだけでなく、これから会社を運営するにあたり社長も社員も名乗っていく大切なものです。

 

そのため会社設立する準備段階にこれから使っていく名前として商号を決めなければいけません。会社の名前として使える文字は、漢字、ひらがな、カタカナ、アラビア文字、コンマやハイフンなどの記号です。

 

以前は使うことができなかったアルファベットも2002年から使用することが可能になったことによって会社のイメージに合わせた自由な商号を生み出すことができました。ただし名前の間に空欄などスペースを開けることは原則できません。

 

しかしローマ字を用いた単語表記する場合には、スペースを開けることが可能です。商号には「株式会社○○」や「○○株式会社」などつけなければいけません。また法令により禁止されている文字を使うことはできません。会社設立時までに会社のイメージに沿った商号をつけましょう。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます