お祝い返しについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立時にもらったお祝いに対するお返しについて   会社設立時にいろいろな方にあいさつに伺った時などにお祝いを頂くことが多かったのですが、そういったお祝いに対するお返しはどのようなものが良いのでしょうか。また...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立時にもらったお祝いに対するお返しについて

 

会社設立時にいろいろな方にあいさつに伺った時などにお祝いを頂くことが多かったのですが、そういったお祝いに対するお返しはどのようなものが良いのでしょうか。また、あいさつに行くときにこちらから粗品を持って行った方が良いのでしょうか。

 

これから独立開業をして仕事をするという場合には人とのつながりがとても大切になるので会社設立後の挨拶回りはとても重要な仕事の一つになります。

 

会社設立時の挨拶回りにときには手ぶらで出かけるのもあまり良くないですが、あいさつする相手が多くなってしまう場合には、あまりお金をかけずにタオルなどを持っていくとよいでしょう。逆にお祝いをもらった時などはお祝いに対するお礼が必要になりますが、感謝のお礼状などでも相手は喜んでくれるでしょう。

 

会社設立時のお祝いの贈り物とは

 

会社設立するにあたりお祝いの贈り物の相場は個人から送る場合と部署などグループから贈る場合ではそれぞれことなりますが、おおよその相場の金額はあります。

 

会社設立時に個人でお祝いを送る場合1万円から1万5000円、部署などグループで贈る場合は2万円から2万円、取引先の場合は1万円から1万5000円程度になっています。

 

会社設立時のお祝いの贈り物は、一般にお花や観葉植物、酒類です。お祝いの贈り物は語呂合わせや縁起物を担ぐものが好まれます。会社設立時の年号と同じ本数のお花や物を贈るようにしましょう。お花を贈る場合、花言葉「幸福が飛んでくる」となる胡蝶蘭を贈り物として渡すと喜ばれます。

 

胡蝶蘭は鉢植えになっているので地域や業界に「根付く」と意味が込められ喜ばれます。反対に真紅の花はタブーとなっています。真紅の花は「赤字」を連想するからです。そのため胡蝶蘭を贈る場合も、花びらが赤に近いものやラッピングには用いらないようにしましょう。

手数料ゼロで会社設立|大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます