必要書類について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にはどのような必要書類があるのでしょうか 会社設立を考えています。飲食関係の仕事を考えていますが、どのような手続きをしたらよいのか、そろえる必要書類のことがよくわかりません。 わかりやすく解説してもらえることを期...

この記事は約2分で読み終わります。

会社設立にはどのような必要書類があるのでしょうか

会社設立を考えています。飲食関係の仕事を考えていますが、どのような手続きをしたらよいのか、そろえる必要書類のことがよくわかりません。

わかりやすく解説してもらえることを期待しています。難しい専門用語は意味等も注釈をつけてもらえるとありがたいです。

会社設立する際に法務局に提出するのが登記申請書です。
そのため、登記申請書とその添付書類を準備する必要があります。

まず会社の商号は定款の記載どおりに記入します。会社の住所、所在地は番地まで正確に記入します。 登記の事由には年月日を入れ、課税標準額は資本金の額を記入します。

なお登録免許税はこの金額を元にを計算します。 添付書類として定款、発起人決定書、就任承諾書、印鑑証明書、払込みがあったことを証する書面など、会社設立には必要書類を間違いなくそろえて提出しなければなりません。

会社設立のための必要書類とは何か?

会社設立の手続きは、平成18年からとても簡略化された上に、費用もかからなくなりました。よって多くの人が夢である自分の会社を持てるようになりました。ちなみに会社設立のための必要書類は次の通りです。

登記申請書、登録免許税の収入印紙を添付したA4用紙、登記すべき事項を保存したCDR、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、払い込みを証する書名、印鑑証明、が会社設立のための必要書類となります。

やはりいくら簡略化されるようになったとはいえ、会社設立には必要書類もこれだけありますので、少し専門的な知識がないと難しく感じることもあるかもしれません。

今、多くの人が自分の会社をつくるということを夢見ているわけですが、必要書類をそろえるだけでも一苦労と感じている方もいるかもしれません。そのような方は、取りまとめてくれるところに依頼するという手もあります。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます