バーチャルオフィスについて|会社設立前に知るべきこととは

バーチャルの会社設立をすること   会社設立をしたいと考えているのですが、自宅の住所を公開しなければならないことに抵抗があります。そこで、バーチャルのオフィスを利用することができないか検討しています。バーチャル...

この記事は約3分で読み終わります。

バーチャルの会社設立をすること

 

会社設立をしたいと考えているのですが、自宅の住所を公開しなければならないことに抵抗があります。そこで、バーチャルのオフィスを利用することができないか検討しています。バーチャルのオフィスでの会社設立は可能でしょうか。

 

会社設立の手続きを進めていくに当たって、意識しなければならない点が個人情報の問題です。会社の住所については、言うまでもなく登記を行う義務があります。しかし、自宅の住所を公開したくないと考えるのは自然なことです。バーチャルオフィスの利用を検討する人も大勢います。

 

バーチャルオフィスには、メリットとデメリットとがあるため、よく理解した上で会社設立の手続きを行う必要があります。何を重視するかによって、変わってきます。

 

バーチャルオフィスで会社設立をすると賃料を節約できる

 

会社設立でバーチャルオフィスを選ぶと、月々の賃料が大幅に減らせます。毎月低価格で借りることができるうえに、初期費用も必要ありません。パソコンとデスクだけで仕事ができるなら、オフィスはバーチャルオフィスを選びましょう。会社設立をした後の、資金に余裕がない時期でも、比較的余裕が生まれることになります。

 

賃料や初期費用が抑えられること以外にも、メリットはあります。仕事上便利な土地にオフィスを構えるのは、簡単ではありません。

 

しかし、バーチャルオフィスなら、会社設立をしたばかりの企業でも、便利な場所にオフィスを構えることができます。交通アクセスが良ければ便利ですし、住所が名の知れた場所だと、信頼度もアップします。

 

ですが、メリットだけではありません。会社設立でバーチャルオフィスを選ぶと、デメリットになることもあります。認可を受けられないこともありますから、メリットとデメリットを比較しながら、選ばなければいけません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます