年齢制限について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立と言うのは年齢制限が在るのでしょうか?   個人事業主よりも会社設立を行った方が税金の優遇、経費の認められる範囲が広くなること、信用が得られるために事業資金の調達などが容易になるなどの利点があるからだと...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立と言うのは年齢制限が在るのでしょうか?

 

個人事業主よりも会社設立を行った方が税金の優遇、経費の認められる範囲が広くなること、信用が得られるために事業資金の調達などが容易になるなどの利点があるからだと聞きます。では、会社設立と言うものには年齢制限と言うものが在るのでしょうか。

 

会社設立自体に年齢制限と言うものは定められていないと言います。しかし、実際に会社設立を行う場合には、書類を集める工程の中で年齢制限に関与する部分が在るのです。

 

会社設立では、実印を利用する事になりますが、この実印を作れるのは15歳以上と定められています。また、実印は印鑑証明書を必要になりますので、結果的には会社設立における年齢制限と言うのは、15歳以上であれば会社を作ることが出来ると言う事にもなるのです。

 

会社設立と年齢制限に関する内容について

 

会社設立を行う際の年齢制限は、会社法においては特にありません。近年では学生起業といって学生時代に会社を作る方も数多く存在しています。未成年であっても、親(法定代理人)の許可を得ることができた場合は、会社設立することができます。

その一方で、会社を作る際には、正式には印鑑証明書が必要です。印鑑証明書を発行するには印鑑登録をしていることが必要になるのですが、印鑑登録を行うには15歳以上という年齢制限が設けられています。

その結果として、実質上会社設立を行うことのできる方は15歳以上に年齢制限が設定されていることになります。

 

また、実際に会社設立を行った後に、社員などを募集することがありますが、その際には、年齢制限や男女間の区別をしてはいけないことになっています。

 

しかし、この内容には一定の規定がされており、規定内の条件に当てはまる場合では、男性のみを募集したり女性のみを募集したり、一定の年齢制限を行って募集することも不可能ではありません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます