登記の住所について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立を行う場合の本店の住所は登記するまでに決めれば良いのでしょうか   会社設立は法務局で会社を登記する事で株式会社としての機能を持たせることが出来ると聞きます。また、会社と言うのはそれぞれ住所と言うものが...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立を行う場合の本店の住所は登記するまでに決めれば良いのでしょうか

 

会社設立は法務局で会社を登記する事で株式会社としての機能を持たせることが出来ると聞きます。また、会社と言うのはそれぞれ住所と言うものがありますが、この住所と言うのは登記をするまでの間に決めておけば良いのでしょうか?

 

会社設立の手順と言うのは、定款の作成、定款の認証、資本金の払い込み、そして法人登記と言う流れになります。会社の本店の住所と言うのは、会社設立の中でも重要とされる定款の中に記載をしなければなりません。

 

そのため、定款の認証を得る前までには住所を定めておくことが必要です。法務局で登記を行うと言うのは、社会的に株式会社としての効力を持たせるための登録でもあるのです。尚、定款に記載する住所と言うのは、賃貸の事務所だけではなく、レンタルオフィスや自宅などでも可能としています。

 

会社設立における登記と本店の住所について

 

個人事業主などの人が株式会社設立を行うと、税金面で優遇されたり、今まで経費として認められなかったものが経費として認められるなどのメリットが在ると言います。

所で、会社設立を行う場合には定款と呼ばれる会社の基本的なルールと言う物を作成することになります。この定款を作成して公証人役場で認証を得た後に、資本金の払い込みを行い、法務局で登記を行う事で会社設立と言う事は完了するのです。

定款と言うものには、会社の商号や事業目的、本店の住所などを記載しなければなりません。そのため、会社設立前や登記を行う前には本店となる住所を決めることが必要になるのです。

この住所と言うのは自宅を事務所としている場合は、自宅の住所を記載して登記を行う事も可能です。しかし、自宅を本店の住所として登録したくない場合も有ります。この場合は貸事務所を借りたり、レンタルオフィスなどを利用する事で本店の住所を記載して登記を行う形も可能になります。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます