資本金を500万円とする時の株式について|会社設立前に知るべきこととは

資本金500万で会社設立する場合の株式の株価は?   質問です。資本金500万円で会社設立を行う予定です。そこで、その際に発行する株式の株価はいくらがいいのでしょうか?1株10万円?もしくは1万円が望ましいので...

この記事は約4分で読み終わります。

資本金500万で会社設立する場合の株式の株価は?

 

質問です。資本金500万円で会社設立を行う予定です。そこで、その際に発行する株式の株価はいくらがいいのでしょうか?1株10万円?もしくは1万円が望ましいのでしょうか?よろしくお願いします。

 

資本金とは?

資本金とは、ビジネスの元手のことをいい、株式会社の場合、1円以上で自由に決めることができます。

資本金は会社設立時の会社のお金となるため、大きい方がビジネスはしやすくなりますが、資本金の額のお金を実際に用意しなければなりません。500万円しか用意できないのに、資本金1,000万円の株式会社を設立する、ということはできません。

ご自身及び他の株主が会社のために用意できる金額が資本金の最大の金額ということとなります。

また、資本金を拠出するのは株主ですが、株主は資本金を拠出する変わりに株式を手にします。株式会社の場合は、原則として、この株式の所有割合によって会社に対する権限が変わってきますので、他の株主から資本金を集まるときはその点に注意しましょう。

(関連記事)出資の募り方について|会社設立前に知るべきこととは
(関連記事)出資率と権限について|会社設立前に知るべきこととは

 

 

発行する株式数、一株あたりの株価はどうすればいい?

資本金を決めたら、発行する株式数を決める必要があります。

「資本金÷発行する株式数=一株あたりの株価」ということとなります。

発行する株式数も自由に決めることができますが、端株の出ないように注意する必要があります。

資本金を500万円とする場合、一株あたりの株価と発行する株式数のパターンは次のようなもの考えられます。

500万円×1株
100万円×5株
50万円×10株
10万円×50株
5万円×100株
1万円×500株
1千円×5,000株
1円×5,000,000株 など

一株あたりの株価は、今後、新たに株式を発行するときも、原則としてそれを基準に考える必要があります。そのため、あまり高い株価は今後の出資が募りにくくなるというデメリットがあります。(株式分割をして株価の引き下げを図る必要があります。)

一方、発行する株式数が多いと、株主も増える可能性があり、株主の管理が大変です。

資本金を500万円とする場合は、1株10万×50株や1万×500株という設定が適当ではないでしょうか?

 

資本金500万円のメリット。資本金500万円でも大丈夫?

 

最低資本金制度廃止により、有限会社と株式会社が一本化し、500万円以下でも会社設立ができるようになりました。極端な話、1円からでも会社設立が可能なのです。

まず、会社設立にあたって資本金を500万円にすると、税務上のメリットがあります。資本金1000万円未満のときは①会社設立から最長2年間消費税の免税事業者となることができる、②法人住民税の均等割が最低額で済む、という税務上のメリットがあるのです。

また、資本金は会社の信用度を示す一つの指標でもあります。会社設立後に創業融資を受ける場合などでも資本金が500万円あれば、一定程度の信用はあるものとして判断され、融資を受けることができる可能性はあるでしょう。もちろん、融資の可否は、事業内容、事業計画などその他の要件によっても変わってきます。

なお、事業の元手として十分かどうかについては、事業内容や事業に必要な設備、事業計画によっても変わってきます。大きな設備の必要のない一人で始めることができるベンチャービジネスであれば、利益が出るまでの賃料、人件費、光熱費などとして足りるかもしれません。一方、設備が必要であったり、従業員を雇用したりする必要がある場合には資本金500万円では不足する可能性もあるため、資本金を増やすか、会社設立後に融資を受けるかを考える必要がありそうです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

 

これから会社設立をされる方におすすめ「マンガでわかる!会社の税金」
ご希望の方に無料で贈呈しています。
お問い合わせページより「マンガでわかる!会社の税金希望」とご記入の上、送信してください。