たばこ税が再び増税される?

たばこ税が再び増税される?

東日本大震災の復興のための財源として、2010年10月に大幅増税されたばかりのたばこ税を再び増税することが検討されているようです。 (読売新聞 7月7日7時36分配信記事より) 政府が、東日本大震災からの復興策の財源とし...

この記事は約2分で読み終わります。

東日本大震災の復興のための財源として、2010年10月に大幅増税されたばかりのたばこ税を再び増税することが検討されているようです。

(読売新聞 7月7日7時36分配信記事より)

政府が、東日本大震災からの復興策の財源として、たばこ税率の引き上げを検討していることが6日わかった。

菅首相の諮問機関である「東日本大震災復興構想会議」の提言を受け、政府は所得税、消費税、法人税の「基幹税」を臨時増税して復興財源を賄う方針だが、大幅な増税には強い反発が予想されるため、国民の反発を比較的受けにくいたばこ税の増税も検討対象に加えることにした。

政府内には、たばこ1箱当たり最大50円程度増税し、増収分を全額、復興財源に充てる案が出ている。早ければ来年度から実施したい考えだ。1箱50円増税した場合、販売量が減らなかったと仮定すれば、最大で年2000億円規模の増収になるとみられる。

たばこ税は2010年10月にも1本あたり3・5円増税され、メーカーによる本体価格の引き上げと合わせ、1箱当たり平均で100円を超える値上げが行われた。

復興財源はこういった形で確保するのではなく、しっかりと説明した上で国民が広く負担すべき性質のものではないでしょうか。

大阪で税理士をお探しなら北浜総合会計事務所(大阪市中央区)