挨拶状について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立に伴う挨拶状の参考文例 5年前から個人事業で事業をやっていましたが、このたび会社設立する運びとなりました。そこで、これまでの取引先させていただいていた方へ挨拶状を送付したいのですが、どういった挨拶状を送付すればよ...

この記事は約2分で読み終わります。

会社設立に伴う挨拶状の参考文例

5年前から個人事業で事業をやっていましたが、このたび会社設立する運びとなりました。そこで、これまでの取引先させていただいていた方へ挨拶状を送付したいのですが、どういった挨拶状を送付すればよいのでしょうか。

このケースの場合、類似ケースとして会社を新設する場合や社名変更などの時の挨拶状はインターネット上でもフォーマットが出回っています。

しかし、これまで個人事業としてやっていたものを会社設立となると似ているようで少し違うケースといえます。

挨拶状の参考文例としてとしてまず挨拶から始まり、次に創業5年を迎えこれを機に会社設立としイメージを一新して社業に努める所存を述べます。そして最後に個人事業から会社設立となった日付を記入します。

会社設立した時に必要な挨拶状とは

会社設立時にはこれからお世話になる取引先や事業所など様々なところへ「会社設立しました」と挨拶状を送ることが大切です。会社設立の挨拶状の書き方や例文は、インターネットを開くとたくさんのサイトがあります。

サイトでは挨拶状の例文とともに書き方が詳しく書かれています。例文も職業やサービスの内容、目的に合わせ書かれています。準備などで会社設立時に挨拶状を書く時間の余裕がない場合は、挨拶状を代理で記載しそれぞれの事業所や取引先へ送ってくれるといったサービスをするお店もあります。

お店でははがきや封筒付きカード、封筒付き2つ折りカード、長方3号封筒付きA4が3つ折り用紙など様々なサイズに合わせた挨拶状があります。例文も豊富なラインナップから選ぶことができます。

例文には新店舗開設から個人から設立、共同出資で設立、病院開業まで様々な用途に合わせた内容があります。相場はそれぞれお店によっても違いますが、はがきを100枚送った場合でも数1,000円ほどです。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます