会社設立前に支出した経費は費用になりますか?

会社設立前に支払った経費は会社の費用になる? 【質問】会社設立後にすぐに事業を進めることができるように会社設立前に備品を購入したり、会議を行ったりしました。このように会社設立前に支出した経費も会社の費用となるのでしょうか...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立前に支払った経費は会社の費用になる?

【質問】会社設立後にすぐに事業を進めることができるように会社設立前に備品を購入したり、会議を行ったりしました。このように会社設立前に支出した経費も会社の費用となるのでしょうか?
【回答】事業に関連したものであれば会社設立後の会社の経費にすることができます。必ず領収書を残しておきましょう。
会社がまだできていない段階で、先にパソコンなどの備品を購入したり、事業の打合せで会議費を支出するなど、会社の経費を支出することがあります。会社設立前であっても、会社設立後の会社の事業に関連したものであれば、会社設立後の会社の経費にすることができます。税金を減らすことができますので、必ず領収書を残しておきましょう。
このときの領収書の宛先は社名が決まっているときは会社名にしておくとよいでしょう。まだ社名が決まっていないときは個人名でも大丈夫です。会議費であれば、会議に参加した人の名前や会議の内容を記録しておくなど、後で支出した内容がわかるようにしておく必要があります。
大阪で会社設立するなら「みんなの会社設立」へ!

【質問】会社設立後にすぐに事業を進めることができるように会社設立前に備品を購入したり、会議を行ったりしました。このように会社設立前に支出した経費も会社の費用となるのでしょうか?

【回答】事業に関連したものであれば会社設立後の会社の経費にすることができます。必ず領収書を残しておきましょう。

会社がまだできていない段階で、先にパソコンなどの備品を購入したり、事業の打合せで会議費を支出するなど、会社の経費を支出することがあります。会社設立前であっても、会社設立後の会社の事業に関連したものであれば、会社設立後の会社の経費にすることができます。税金を減らすことができますので、必ず領収書を残しておきましょう。

このときの領収書の宛先は社名が決まっているときは会社名にしておくとよいでしょう。まだ社名が決まっていないときは個人名でも大丈夫です。会議費であれば、会議に参加した人の名前や会議の内容を記録しておくなど、後で支出した内容がわかるようにしておく必要があります。

大阪で会社設立するなら「みんなの会社設立」へ!