会社設立のメリット

会社設立のメリット

会社設立のメリットは?   会社設立の主なメリットとしては次のようなものが挙げられます。 1.有限責任となる。 2.税金が少なくなるケースがある。 3.対外的な信用力が増す。 4.事業承継がスムーズになる。 そ...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立のメリットは?

 

会社設立の主なメリットとしては次のようなものが挙げられます。

1.有限責任となる。

2.税金が少なくなるケースがある。

3.対外的な信用力が増す。

4.事業承継がスムーズになる。

それでは順番に見ていきましょう。

1.有限責任となる。
個人事業では、事業で借金をすればそれはそのまま個人の借金となるので、個人資産を取り崩してでも借金を返済したりしないといけないときもあります。このため、万が一、事業に失敗した場合などは、個人の生活まで制限されてしまうことになりかねません。
しかし、有限責任となる会社形態を採用すれば、法律上は、出資者(個人)の責任と会社の責任は切り離されます。例えば、事業に失敗して会社に借金が残ったときや事故を起こして会社が損害賠償請求をされたときでも、有限責任形態の会社では、個人の出資額は返ってこなくなりますが、それ以上の債務を負うことはありません。もちろん個人保証を求められることもありますし、会社にしたからといって、個人の責任がすべて解放されるわけではありませんが、これは会社を設立する大きなメリットと言えます。

2.税金が少なくなるケースがある。
法人税率は所得税の最高税率より低いため、事業から生じる利益によっては税負担が軽くなるケースがあります。また役員報酬について給与所得控除を受けたり、退職金を支給したりすることによって、税負担をさらに軽くすることができる場合もあります。

3.対外的な信用力が増す。
一般的には、個人事業者よりも会社の方が対外的な信用力は高いと言えます。そのため融資やベンチャーキャピタルからの出資など資金調達の可能性は広がりますし、人材の獲得や取引先の拡大でも会社の方が有利となるでしょう。会社でないと株式上場もできません。

4.事業承継がスムーズになる。
たとえば、事業主が死亡したときなどの場合、個人事業であれば事業を構成する個々の資産などを個別に事業継承者に譲渡していくこととなります。個々に契約する必要があります、取引先などへの通知も煩雑です。しかし、会社であれば、株式を後継者に譲渡することにより円滑に事業を承継することができます。また、持株比率を調整することで、会社への関与の度合いを調整することもできます。

大阪で会社設立の無料相談を行っています!