税制改正による税効果会計適用上の留意事項

12月2日の改正法人税法の公布により、平成24年4月1日以後開始する事業年度の法人税率は、従来の30%から25.5%へと引き下げられました。また、東日本大震災からの復興を図るための復興施策に必要な財源を確保するための特別...

この記事は約2分で読み終わります。

12月2日の改正法人税法の公布により、平成24年4月1日以後開始する事業年度の法人税率は、従来の30%から25.5%へと引き下げられました。また、東日本大震災からの復興を図るための復興施策に必要な財源を確保するための特別措置の一つとして、復興特別法人税が創設されました。これにより、法人税の実効税率が変わるので、税効果会計を適用している場合は影響があります。

このときの留意事項が新日本有限責任監査法人のホームページにまとめられていますので、参考にしてください。
[新日本監査法人]税制改正(平成23年12月)による税効果会計適用上の留意事項

大阪で税理士をお探しならみんなの会計事務所

大阪で会社設立するなら