全国社長分析、社長交代率は過去最低

帝国データバンクは、全国社長分析を公表しました。 2011年の1年間における全国の社長交代率を調査するとともに、社長の年代別構成や平均年齢、出身大学別・出身地別ランキングなどのデータ抽出・分析をしたもの。 調査結果の概要...

この記事は約2分で読み終わります。

帝国データバンクは、全国社長分析を公表しました。
2011年の1年間における全国の社長交代率を調査するとともに、社長の年代別構成や平均年齢、出身大学別・出身地別ランキングなどのデータ抽出・分析をしたもの。

調査結果の概要は次のとおりです。
・2011年の社長交代率は2.46%となり、2年連続で過去最低記録を更新した。
・社長の年代別構成では「昭和生まれ」が99.02%、平均年齢は「59歳9ヵ月」となったほか、出身大学別では「日本大学」が29年連続でトップ、女性社長の構成比は5.94%となった。
・出身地別にみると、トップは「東京都」で10万375人。以下、2位は「北海道」(6万3034人、3位は「大阪府」(5万9420人)と続いた。
・人口10万人あたりの社長輩出数は「福井県」が30年連続トップ。

福井県が長年にわたり人口あたり社長輩出数でトップを維持する要因・背景としては「眼鏡枠・部分品産業」「ポリエステル長繊維織物産業」などのように、外部依存の低い独自の地域産業を築いて事業を立ち上げ、それを次世代に継承する環境が整っていることが考えられるようです。都会では事業承継問題で悩む中小企業も多い中、福井県のモデルに何かヒントがあるのかもしれません。

大阪で税理士をお探しならみんなの会計事務所

大阪で会社設立するなら