会社の実印について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立を行う時の印鑑の種類と実印について   会社設立を行う時は角印や銀行印、そして会社の実印を制作しなければならないと聞きます。この実印と言うのは会社設立の中でいつ制作をしておくのがベストなのでしょうか。ま...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立を行う時の印鑑の種類と実印について

 

会社設立を行う時は角印や銀行印、そして会社の実印を制作しなければならないと聞きます。この実印と言うのは会社設立の中でいつ制作をしておくのがベストなのでしょうか。また、これらの印鑑と言うのは登録が必要なのでしょうか。

 

会社設立を行う時に必要なる印鑑と言うのは、会社の代表者の実印と会社の実印になります。会社設立時に幾つかの印鑑を作りますが、必要になるのはこの二つです。尚、角印や銀行印などの印鑑は合わせて作っておけば手間も省けることからも同時に作るケースが多いのです。

 

また、個人の実印は定款の中で利用しますので、前もって用意をしておく必要があります。会社を法務局で登記申請を行う時には会社の実印と印鑑証明書が必要になりますので、登記申請を行う前までに用意しておく必要があります。

 

会社設立と法人の実印の準備について

 

会社設立をする上で必要になるものにはいくつかありますが、会社設立登記に必要な印鑑証明のために届け出る印鑑証明用の実印は絶対に必要になる物の一つです。実印は各種契約に使用されるものでもあり、会社設立を決意した時点で制作することが推奨されます。その実印には法人の名前と共に代表者の印であることを示す刻印がなされます。

 

このような印鑑はそれなりの文具店であれば会社設立用の印鑑セットとしてオーダーメイドで作成してくれるものです。この印鑑セットには印鑑証明や契約書に用いる為の最重要な印鑑である実印のほか、銀行契約や決済に用いる銀行印、そして会社の簡易な印鑑である角印の3種類が含まれていることが多くなっています。

 

これらの印鑑は既にあるものをそのまま使うのはあまり推奨されるものではありません。新しく作って厳重な管理をすることで会社の契約に安心して用いることが出来るようになるのです。間違っても市販の印鑑で代用してはいけません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます