会社勤めしながらの起業について|会社設立前に知るべきこととは

会社勤めをしながらでの会社設立   会社勤めをしながらでの会社設立は、就業規則などに掲載がないので出来ないのでしょうか?特にこう言った就業してはいけないなどの文句が、就業規則内では記載がありません。漠然と疑問に...

この記事は約3分で読み終わります。

会社勤めをしながらでの会社設立

 

会社勤めをしながらでの会社設立は、就業規則などに掲載がないので出来ないのでしょうか?特にこう言った就業してはいけないなどの文句が、就業規則内では記載がありません。漠然と疑問に思ったので質問させて頂きました。

 

ご質問にあった会社勤めをしながらでの会社設立は、就業規則内ではハッキリとした掲載では無いようですが基本的には止めた方が良いでしょう。現代では2重就業を許している企業も多いのですが、経営者となる事は状況的にも現在の会社勤めの仕事の足を引っ張る可能性があります。

 

会社設立も現代では、簡単に出来る様になったのですがその業務内容などで本業よりも重点を置いて働くと規則的にも問題となる事があるかも知れません。不動産所得や農業所得程度なら会社に許してもらえる会社設立かもしれません。

 

会社勤めをしながら会社設立をするなら就業規則を確認

 

会社設立は、会社勤めをしながらでもできます。ただし、注意しなければいけないのは、勤めている会社の就業規則です。就業規則で副業が禁止されていると、会社にバレるとトラブルになります。

 

しかし、就業規則で問題がなければ、会社勤めをしながら会社設立をしても問題ありません。法律では、複数の企業で働くことを禁じていません。別の会社で社長や取締役になっても、罰せられることはないのです。

 

ですが、実際にほとんどの会社では副業は禁止されています。会社勤めをしながら会社設立をするなら、兼業はやめておくべきでしょう。バレないように気を付けて兼業をしていても、住民税の関係から必ずバレてしまいます。設立した会社から給料を受け取らないなど、対策をしておけばバレることはありません。

 

もし会社勤めをしながら会社設立をするなら、リスクは覚悟しましょう。リスクが大きいと判断したら、設立と同時に退職すると、就業規則には違反しません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます