設立時の本店所在地について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立時の本店所在地について   会社設立の手続きについて質問したいことがあります。事業の内容が決まり、早々に取引先を得ることができたのですが、本店をおくにふさわしい本店所在地が定まっていないのです。なにかこ...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立時の本店所在地について

 

会社設立の手続きについて質問したいことがあります。事業の内容が決まり、早々に取引先を得ることができたのですが、本店をおくにふさわしい本店所在地が定まっていないのです。なにかこうした際にうまい手などはないでしょうか?

 

会社設立時には登記に際して、本店となる場所の所在地を決めることが必要です。とりあえず、代表取締役の家を本店として登記したり、事務所に来店するお客がないような会社であれば、バーチャルオフィスを本店の住所として登記することが可能です。

 

ただし、会社設立後に本店を移動したい場合には、本店移転の登記が必要となります。異なる法務局が管轄する地域に移転するのなら、その分住所の移転登記にかかる費用が上乗せされてしまうことを注意してください。

 

株式会社設立すると株式で増資できる

 

経営者様が事業を進めていくうえで資金調達は特に大切な事です。しかし個人事業主のままでは思うように資金調達が出来ない事が多いです。そんなときは会社設立すると資金調達が行いやすくなります。

 

会社設立されたときに出来るだけ多くの資金を調達されたほうが良いと言われています。個人事業主から会社設立すると信用力が上がるので銀行からの融資が受けやすくなりますし、株式会社設立されたら銀行からの融資のほかに、株式の増資による資金調達も可能になります。

 

銀行から融資を受けた時は必ず返済しなければなりませんが、株式の増資による資金は何と言っても返済する必要が無いのがメリットです。しかし増資された後は株主様に見返りとして配当金を増やすなど誠意や努力を見せることが大切です。

 

安易に増資を繰り返していると株主様が応じてくれなくなってしまいます。増資手続きには書類作成と法務局へ出向くことが必要です。行政書士事務所でお手伝いしているので、時間のない経営者様はご依頼されると良いです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます