クラウド会計ソフトの選び方。おすすめのクラウド会計ソフトは?

一言にクラウド会計ソフトといってもたくさんのソフトがあります。会計ソフトは一度使うと変更するときに手間がかかるので、できるだけ始めから自社にあったものを選んでおきたいですよね。では、たくさんのソフトの中からどのようにして...

この記事は約5分で読み終わります。

一言にクラウド会計ソフトといってもたくさんのソフトがあります。会計ソフトは一度使うと変更するときに手間がかかるので、できるだけ始めから自社にあったものを選んでおきたいですよね。では、たくさんのソフトの中からどのようにして選べばよいのでしょうか?税理士がおすすめのクラウド会計ソフトを紹介します。

 

そもそもクラウド会計ソフトとは?

クラウド会計ソフトとは、従来型(インストール型)の会計ソフトとは違い、インターネット上で提供される会計ソフトのことをいいます。

インストール型ではないので、更新が簡単にできる、他のインターネットサービスと連携した自動処理ができる、いつでもどこでも使用することができるといったメリットがあります。

特に、金融機関やクレジットカード会社から取引データを自動で取得して、そのデータをもとに自動で仕訳を起こす機能はとても便利で、うまく活用すれば、経理業務の大幅な効率化を図ることができるでしょう。

クラウド会計ソフトの選び方・選ぶときのポイントは?

クラウド会計ソフトの選ぶ時のポイントとしては、次の3つが挙げられます。

①資本力が高いかどうか

クラウド会計ソフトは日々進化し、使いやすくなっています。その開発には、膨大なコストがかかります。今後も進化し続けるためには、その開発コストを負担できるだけの資本力が必要となるはずです。
資本力がない会社が提供しているサービスは、将来的に開発競争について行けず、資本力がある会社が提供しているサービスと機能面で大きな差が出てくる可能性があります。

 

②サポートが充実しているかどうか

サービスを利用していると、使い方がわからなかったり、不具合が生じるなど、サポートが必要となることもあるでしょう。そのようなときに、しっかりとサポートしてくれるクラウド会計ソフトの方がよいですよね。マニュアルやQ&Aが充実していたり、電話やチャットでのサポートが可能なクラウド会計ソフトを選ぶとよいでしょう。

 

③シェアが高いかどうか

クラウドサービスは、クラウド会計ソフト以外にも、常に新しいサービスが生まれ続けています。しかし、普及するサービスはほんの一握り。ほとんどのサービスは普及する前に淘汰され、サービスが中止となっています。
会計ソフトとして利用する以上は、サービスが中止されない安定したサービスであった方がよいですよね。
そのためにはシェアが重要になってきます。シェアが高いということは、サービスが途中で中止される可能性は低いでしょう。
また、例えば、顧問税理士を変更する際などに、対応している税理士は比較的すぐに見つかることとなるでしょう。逆にシェアが低いサービスを利用していると、対応している税理士を見つけるのに苦労することになるかもしれません。

おすすめのクラウド会計ソフトは?

みんなのクラウド会計では、次の3つのクラウド会計ソフトをおすすめしています。

MoneyForwardクラウド会計(マネーフォワード)

freee(フリー)

弥生会計オンライン

 

なぜこれらがおすすめなのでしょうか。

この3つはクラウド会計ソフトは、いずれも先ほど説明したクラウド会計ソフトを選ぶときのポイントをクリアしています。

まず、資本力についてみていきます。
freeeの2018年7月現在の資本金(資本準備金を含む)は、96億618万円となっています。もの凄い資本金の額ですよね。資本力はクリアしています。

一方、MoneyForwardクラウド会計を提供するマネーフォワードも負けていません。同社は東証マザーズ市場に上場しています。

さらに、弥生会計はなんといってもオリックスの傘下企業です。
いずれの会社も遜色のない資本力であると言えるでしょう。

また、サポート体制にも問題ありません。どの会社の担当の方も困ったときはすぐに丁寧に対応してくれています。また、会計ソフトの乗換時なども、手厚くサポートしてくれます。

サポートが充実している会社が提供するサービスは安心して利用することができます。

さらに、シェアの面でも、この3つのクラウド会計ソフトで高いシェアを占め、残りを多数のクラウド会計ソフトが争っているという状況ですので、この3つのクラウド会計ソフトであれば安心です。

みんなの会計事務所では、マネーフォワードクラウド会計、freee、弥生会計オンラインの3つをおすすめしており、会計ソフトとしての機能はどれも備わっています。しかし、この3つでは操作性が大きく異なっています。そのため、それぞれを使ってみて、自分が使いやすいクラウド会計ソフトを選択するとよいでしょう。

 

まとめ

みんなのクラウド会計がおすすめするMoneyForwardクラウド会計(マネーフォワード)・freee(フリー)・弥生会計オンラインのおすすめの理由を説明しました。

クラウド会計ソフトは長く使うものです。今だけのことを考えるのではなく、将来のことも考えて、クラウド会計ソフトを選ぶとよいでしょう。

「どんなクラウド会計ソフトが合っているかわからない」というときはお気軽にみんなの会計事務所にご相談ください。