国税庁「平成23年分 贈与税の申告のしかた」

国税庁は、「平成23年分贈与税の申告のしかた」を公表しました。 平成23年1月1日から平成23年12月31日までの1年間に財産の贈与(法人からの贈与を除く)を受けた個人は、その贈与を受けた財産について、次に掲げるケースに...

この記事は約1分で読み終わります。

国税庁は、「平成23年分贈与税の申告のしかた」を公表しました。

平成23年1月1日から平成23年12月31日までの1年間に財産の贈与(法人からの贈与を除く)を受けた個人は、その贈与を受けた財産について、次に掲げるケースに応じて贈与税の申告をしなければなりません。
(1)「暦年課税」を適用する場合には、その財産の価額の合計額が基礎控除額(110万円)を超えるとき
(2)「相続時精算課税」を適用するとき

平成23年分の贈与税の申告の相談及び申告書の受付は、平成24年2月1日(水)から平成24年3月15日(木)までです。

大阪で税理士をお探しならみんなの会計事務所

大阪で会社設立するなら