会計検査院「平成22年度決算検査報告の概要」

会計検査院「平成22年度決算検査報告の概要」

会計検査院の報告によると、2010年度の国の不適切な経理処理の指摘は4283億円にのぼったようです。 (日本経済新聞2011年11月8日)会計検査院は7日、国の2010年度の決算検査報告書をまとめ、野田佳彦首相に提出した...

この記事は約2分で読み終わります。

会計検査院の報告によると、2010年度の国の不適切な経理処理の指摘は4283億円にのぼったようです。

(日本経済新聞2011年11月8日)
会計検査院は7日、国の2010年度の決算検査報告書をまとめ、野田佳彦首相に提出した。税金の無駄遣いなど不適切な経理処理の指摘は568件で計約4283億円。金額は09年度(約1兆7904億円)に次いで過去2番目に多かった。特別会計や独立行政法人などの余剰資産を重点的に検査し、有効活用を求めた形だ。

指摘は、税金の無駄遣いなど支出面が約4181億円、徴収漏れなど収入面が約102億円。特別会計などの余剰金では、原子力発電所などの立地交付金として積み立てている経済産業省の「周辺地域整備資金」657億円が不要と指摘。財務省が特別会計で管理する国有地などの資産約618億円分を一般会計に繰り入れるよう求めた。

不適切経理との認定には至らなかったが、リーマン・ショック後の経済対策として08、09年度の国の補正予算で各都道府県に設立された約2500の基金に、総額約2兆円の資金が残っていることも指摘した。

余剰資金などもカウントされており、すべてが不適切な支出ということではないのでしょうが、増税路線がほぼ決まっている中、無駄は少しでもなくなるようにしてもらわなければなりません。
なお、この報告書は会計検査院のホームページで閲覧することができます。
[会計検査院]平成22年度決算検査報告の概要

大阪で税理士をお探しなら北浜総合会計事務所(大阪市中央区)

大阪で会社設立するなら会社設立ラボ