株式発行について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立で株式発行をする際の注意   会社設立を目指しているのですが、株式会社なので、株式発行を行うことになります。会社設立後、株式発行をする際には、どのようなことに注意して行動すればよいのでしょうか。株券の発...

この記事は約3分で読み終わります。

会社設立で株式発行をする際の注意

 

会社設立を目指しているのですが、株式会社なので、株式発行を行うことになります。会社設立後、株式発行をする際には、どのようなことに注意して行動すればよいのでしょうか。株券の発行はしなくても問題ないのでしょうか。

 

現代での会社設立は、昔と比べてそれほど難しい手続きが必要ありません。そのため、素人でも比較的容易に会社設立ができるようになっています。

 

ただし、きちんと法律的な知識を身につけていないと、さまざまな場面で困難に直面することになります。たとえば、株式会社では株式発行の手続きを取ることになりますが、株式発行をスムーズに行うには会社法の知識が不可欠です。減殺の株式発行は、株券を発行するということではありません。

 

会社設立時における株式発行とは

 

会社設立時には手続きを進めていくと「発行可能株式総数」と言う言葉があります。発行可能株式総数とは将来に向けて発行が可能な株式の総数のことを言います。この総数の決め方は株式譲渡制限を設けていない会社(非公開会社)においては特に制限はありません。

 

しかし会社法では、公開会社の場合は、会社設立時に株式発行する場合には発行可能株式総数全体の4分の1を下回ることができません。たとえば会社設立時に株式発行する数が1000株の時には、4000株より少なくなくてはいけないのです。

 

株式譲渡制限を設けている会社である非公開会社は、会社設立時において制限がなく、株式発行した株の数よりも4倍を超えても良いのです。

 

つまり非公開会社では会社設立時に1000株発行した場合には、4000株より多くても構わないのです。発行可能株式総数の決め方は定款の必要性が内容に客観的な観点で決めなければいけません。非公開会社から公開会社へ定義を変更する場合は、株式発行総数を変更する必要があります。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます