会社設立の際、資本金はいつ払込みすればいいですか?

資本金は通常、公証人による定款の認証を受けた後(同日でも可)に発起人の銀行口座に払込みします。 (通常の流れ) 定款作成→定款認証→資本金の払込 ただし、会社法上は、定款の作成(設立時の発行株式の数を定款で定めないときは...

この記事は約3分で読み終わります。

資本金は通常、公証人による定款の認証を受けた後(同日でも可)に発起人の銀行口座に払込みします。
(通常の流れ)
定款作成→定款認証→資本金の払込
ただし、会社法上は、定款の作成(設立時の発行株式の数を定款で定めないときは発起人全員が同意した日)の後であれば定款認証前であっても差し支えないと考えられています。この場合、法務局によっては発起人の同意書などの確認のための追加書類が必要となるケースもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。
いずれにしても定款作成前に資本金の払込みを行ってしまうと、それは資本金に充てるためのものかどうかわかりませんので、一旦、銀行口座から払い出して、再度適切なタイミングで払込みしなければならないこととなります。
なお、合同会社の場合は、公証人による定款認証手続きが必要ないため、定款の作成日以後に出資金の払込みをすることとなります。

会社設立の際の資本金はいつ払込みすればいい?

【質問】会社設立にあたって資本金を準備しました。この資本金はいつ払込みすればよいのでしょうか?

【回答】株式会社設立の場合、通常は公証人による定款認証を受けた後に資本金を払込みします。

資本金は通常、公証人による定款の認証を受けた後(同日でも可)に発起人の銀行口座に払込みします。

(通常の流れ)
 定款作成

 定款認証

  ↓

 資本金の払込

ただし、会社法上は、定款の作成(設立時の発行株式の数を定款で定めないときは発起人全員が同意した日)の後であれば定款認証前であっても差し支えないと考えられています。この場合、法務局によっては発起人の同意書などの確認のための追加書類が必要となるケースもありますので、事前に法務局まで確認しておくとよいでしょう。

いずれにしても定款作成前に資本金の払込みを行ってしまうと、それは資本金に充てるためのものかどうかわかりませんので、一旦、銀行口座から払い出して、再度適切なタイミングで払込みしなければならないこととなります。

なお、合同会社の場合は、公証人による定款認証手続きが必要ないため、定款の作成日以後に出資金の払込みをすることとなります。

手数料ゼロで会社設立|大阪で会社設立するなら