IMF財政局次長「消費税15%のまで引き上げる必要」

IMF財政局次長「消費税15%のまで引き上げる必要」

10%までの引き上げが議論されている消費税について、「それでは不十分」というご指摘。   (時事通信 1月25日1時34分配信記事より) 国際通貨基金(IMF)のガーソン財政局次長は24日、世界経済見通しに関す...

この記事は約2分で読み終わります。

10%までの引き上げが議論されている消費税について、「それでは不十分」というご指摘。

 

(時事通信 1月25日1時34分配信記事より)
国際通貨基金(IMF)のガーソン財政局次長は24日、世界経済見通しに関する記者会見で、「日本は消費税を15%まで引き上げる必要がある」との認識を示した。ガーソン氏は会見終了後、消費税引き上げ時期については「経済情勢を見ながら段階的に上げるべきだ」と述べるにとどめる一方、15%という水準は「国際的には高率ではない」と話した。
IMFは同日発表した財政報告で、日本の公的債務残高を安定的に減らしていくためには、政府が目指す2015年までの消費税の10%への引き上げだけでは不十分だと指摘した。

 

 

大阪で税理士をお探しならみんなの会計事務所

大阪で会社設立するなら