会社設立に要する費用

会社設立

会社設立に要する費用

会社を設立するには、資本金以外に設立手続に要する費用がかかります。これは会社の形態や設立方式によって異なります。また、司法書士や行政書士などの専門家に会社設立事務の代行を依頼する場合には別途、専門家への報酬を支払うことと…

復興構想会議、基幹三税増税を提言

会計・税務

復興構想会議、基幹三税増税を提言

東日本大震災の復興策を検討する政府の復興構想会議の提言で、「復興財源を所得税、消費税、法人税の3税を中心に増税して賄うべき」との方向性が示されることになるようです。 (日本経済新聞2011年6月12日朝刊より) 素案は、…

プロ向け市場「TOKYO AIM」に第一号上場申請

会計・税務

プロ向け市場「TOKYO AIM」に第一号上場申請

2009年に設立されたプロ向け証券取引市場「TOKYO AIM」にようやく第一号の上場申請が行われました。上場申請したのは医薬品開発を行うメビオファーム株式会社。 [TOKYO AIM]メビオファーム株式会社のTOKYO…

会社設立に必要な書類

会社設立

会社設立に必要な書類

会社設立には公証人の定款認証、法務局への登記申請にあたって、多くの書類が必要です。記入漏れや記入誤り、書類間の日付の不整合などがあると手続を受け付けてもらうことができず、会社設立手続きがスケジュールどおりに進まなくなって…

H23年度税制改正 増税も減税も先送りで決着!?

会計・税務

H23年度税制改正 増税も減税も先送りで決着!?

平成23年度税制改正の大きな目玉とされていた法人税引下げ・所得税や贈与税の増税は見送られることとなったようです。 (asahi.com 2011年6月9日9時43分配信記事より) 民主党と自民、公明両党は8日、2011年…

会社設立のポイント(定款作成)

会社設立

会社設立のポイント(定款作成)

定款とは、その会社の組織や運営等に関する基本的なルールを記した書類で、会社設立の際に必ず作成する必要があります。そして、一度決めた定款を変更するときは、会社法の規定に従って、株主総会での承認手続きが必要となります。したが…

【震災関連】震災関連諸費用の所得税の取扱い

所得税

【震災関連】震災関連諸費用の所得税の取扱い

修繕等に要する費用は、本来、実際に修繕等を行ったときに必要経費に算入することができますが、震災特例法により、被災事業資産の修繕等のために要する費用については見積額であっても必要経費に算入することが認められました。具体的に…

大阪には新興の業界トップ企業が少ない!

経営

大阪には新興の業界トップ企業が少ない!

帝国データバンクは、「大阪府の業界トップ企業」という経営実態調査の結果を発表しました。調査はTDB産業分類の1056業種における「売上高全国1位」企業から大阪府内に本社を置く企業を抽出し、業種、従業員数、売上規模、業歴な…

【震災関連】印紙税の軽減措置に関する取扱い

会計・税務

【震災関連】印紙税の軽減措置に関する取扱い

震災特例法において印紙税の軽減措置が講じられ、次の印紙税については非課税となります。 (1)特別貸付けに係る消費貸借に関する契約書の印紙税(2)被災者が作成する不動産の譲渡に関する契約書等の印紙税 この度、国税庁より、当…

会社設立のポイント(会社の基本的事項)

会社設立

会社設立のポイント(会社の基本的事項)

会社設立にあたって、まず会社の基本的事項を決めることとなりますが、そのときのポイントは次のとおりです。 ◎商号(会社名)のポイント ・現在は会社設立にあたって類似商号の調査を行う必要はないこととされています。 ただし、同…

会社設立の流れ(合同会社を設立する場合)

会社設立

会社設立の流れ(合同会社を設立する場合)

一般的な合同会社設立の流れは次のとおりです。株式会社を設立するときと大きな差はありませんが、「公証人による定款認証」が不要な点が異なります。 1.会社の基本的事項を決める商号(会社名)、事業目的、本店所在地、出資金額、社…

平成22年分所得税、消費税、贈与税の申告状況

会計・税務

平成22年分所得税、消費税、贈与税の申告状況

国税庁は、平成22年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告の状況及び確定申告に係る各種施策の実施状況を取りまとめ、公表しました。 1.所得税の申告状況・確定申告書の提出人員は2,315万人で、2年連続減少しています。・確…

34 / 36« 先頭...1020...3233343536